« 猫のように・・・・・ | トップページ | アルファベット・・・・ »

2007年9月18日 (火)

1.5センチメートル・・・・・

 それは8割がた仕上がっていた。
素材をカットして、補強材を入れ組立。
海綿を使って、水性の塗料で表情をつけながら着色。
色の感じは上々。

木地の段階で時間をかけて確認したつもりだったが、創りこんだカラクリをレイアウトしてみるとその箱の高さが気になった。

Photo_3

ほんのチョットしたことなのだが・・・・・。何かスッキリと収まらない。
このまま仕上げてもそれなりのモノは完成出来るだろう。
多分、その高さを誰も気にとめる事はないだろう。

箱を前に考えた。
作品としての完成度。
置かれる環境とのバランス。
費やした時間と労力。
これから費やすであろう時間・・・・・・。
仕上げも気になった。
経験上、いろいろと触ると収まりが悪くなる。

会社勤めの時だったら、やり直すなんて考えられない。
それは我侭以外のなにものでもない。
作りて(外注先)もそれを善しとした。
不思議な仕事のしかたをしていた。
都合のよい言訳を盾に折り合いをつける事も一瞬考えた。

自分で考え、自分で決めていく。責任はすべて自分にある。
自分の安易な決め方に腹をたてながら、やはり納得のいくものをと、引き返した。

幸いにフィニッシュのクリアは塗っていなかった。
水に流しながらスポンジで3時間。
塗料は勿論のこと、下地まできれいにはがした。
1.5センチ・・・・・・慎重に箱の上部をカットした。
ジェッソを厚めに塗って・・・・・・・1日がかり。

費やした時間の効果は分からないが、納得のいく収まりは手に入れた。

納得のいくものをと思いながら悪戦苦闘の毎日・・・・・・・・。



|

« 猫のように・・・・・ | トップページ | アルファベット・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

そうっすよね~。
自分との戦いでもあります。

全てが納得のいく仕上がりになるわけではありませんが、その時に出来る事は精一杯やると決めています。
「それがプロなのだ!」なんて格好つけて・・・。

そう、採算性なんて考えずに・・・。

だから儲かりません。(^^)ニコ

投稿: n-steel | 2007年9月19日 (水) 12時23分

n-steelさん、そうなんですヨ!連れ合いが苦笑い・・・て感じです。螺旋階段をつけるような家を持つのは夢のまた夢です。

投稿: 羽川再生堂 | 2007年9月19日 (水) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/8002456

この記事へのトラックバック一覧です: 1.5センチメートル・・・・・:

« 猫のように・・・・・ | トップページ | アルファベット・・・・ »