« 治具・・・・・・ | トップページ | Gの箱から Ⅰ・・・・・ »

2008年2月28日 (木)

始まりはキングストンから・・・・・

 仕事場で一番大きな作品。

作品は2つのグループからなる鳥をモチーフにした造形。

Photo_18

1つは“始まりはキングストンから”というタイトルのバイクのタンクをボディーに持った4体のグループ。

もう一つは“キッチンバード”というタイトルの2体組みの作品。

1998年、丁度10年前の事、NYはマンハッタンからウッドストックの知人のセカンドハウスを訪ねた。

途中、知人が気遣って寄ってくれたキングストンと言う街のアンティーク ショップ。

Photo_3

Photo_4

そこで古いバイク用のランプを見つけた。

タンクの底に刻印された記述から推察すると1896年から1898年の間にアメリカで作られたモノのよう。

燃料缶、分厚いレンズ、方向を示すのであろう赤と緑の面取りをしたクリスタル、ススの着いた排気用のスリット・・・・・・。

真横から見ると、最も明るい光を発光する赤と緑のクリスタルが気に入った。

そのチャーミングなデザインに惹かれて買い求めた。

帰国後、貴重な期間を置いて作品の素材にした。

少し勇気のいる決断でもあった。

それは、そのままでも十分に美しく、存在感があった。

しかし、先ににある可能性の誘惑には勝てなかった。

ランプを鳥の顔に見立て、クチバシは大量に手に入れていた使用済みのソースボードと古いアイロンのカバーを使った。

頭にはケーキの型。

首はZライトと呼ばれる照明器具のアームを使用。

ボディーの素材はやはり“バイクのランプ”の繋がりで、廃車になったバイクのタンクを使った。

脚は知人の鉄の工房で、手を借りながら半端な素材をベースに製作。

その魅力的な赤と緑のクリスタルをアクセントにした。

顔と首は左右上下に可動し、豊かな表情を見せる。

幅60cm、奥行き750cm、高さ1500cm~2100cm。

仕事場では存在感のあり過ぎる(少し邪魔な?)大きさ。

Photo_7

Photo

創作のプロセスは幾つかのメディアにも取り上げられた。

「この鳥は何の鳥ですか?」

「ん~?この鳥は具体的な種類の鳥をモチーフにしていません。これはオブジェでもあり装飾的な照明器具でもあります・・・・・」

当時の質問に答えている。

ユニークな照明器具を創りたかった・・・・そんな気持ちもあった。

その頃流行っていた“クラブ”の空間も意識した。

キングストンで見つけたバイクのランプ・・・・その出会いに感謝して、“始まりはキングストンから”の作品名。

成果に気をよくして、同じアイディアで3体の作品を連作した。

“キッチンバード(左側2体)”は、タイトルから推測出来るように調理器具など、素材の多くをキッチンで見つけたものベースにしている。

Photo

クチバシのソースボードを意識して、ケトルと鍋をボディーに・・・・。

ケトルにはNYのトニーさんから貰った自動車のアンテナを組み合わせた。

鍋には羽に見立てたフライ返しを組み合わせた。

創作後の後味が良かった事を覚えている。

この一連の作品は、ランプが作られた丁度100年後、1998年、九州エネルギー館で開催した個展でお披露目した。

後、福岡は勿論、東京、北九州などの企画展やギャラリーで展示。

百貨店のショーウインドーも飾った。

この6体の作品は、今は静かに仕事場の片隅で次の出番を待っている。

Photo_2

左側の頭部の飾りはシェーカーのパーツとソースボードの取っ手。

右側の作品は古いローラースケートの顔に、ソースボードとアイロンのカバーをクチバシに見立てた。

これらの作品で素材にした“使用済みのソースボードと古いアイロン”は後々も私の気に入りの素材として、他の作品にも登場する。

この素材の組み合わせは10年の期間を経て、小さな照明のオブジェとして熟成する。

※集合の写真は’03年に北九州は小倉のリバーウォークに期間限定でオープンした“再生堂ギャラリー”での展示。

 

|

« 治具・・・・・・ | トップページ | Gの箱から Ⅰ・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

いや、このダチョウのような鳥がアトリエで出迎えてくれるとは。
羽川ワールドの全てを見るのには、まるで時間が足りません。
ま、作品だけでなく、道具のことだけでも、話はつきませんが。
今日は、お仕事中にお邪魔しました。
又、伺わさせて下さい。

投稿: ハララ | 2008年2月28日 (木) 21時37分

ハララさんへ

楽しい時間でした。
ハララさんとは“錆びた釘”で1時間はゆうに話出来ますネ(笑)
見えていたのは、手持ちの作品の半分くらいだったかもしれません。
風呂場や机の下や作品の裏の裏にも・・・。
次回はコレクションなども・・・・・。
また、気軽に遊びに来て下さい。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年2月29日 (金) 06時31分

そのままの素材でも美しいのだが・・・・・その先・・・。

その言葉にドキュン!です。

モノ造りに終点なし。
わたしも羽川さんの立場なら同じ選択をしたと思います。

羽川さんにしか出来ない事・・・それをみんな期待しています。

※最初にこの鳥を見た時になぜかトムクルーズの「宇宙戦争」を思い出してしまいました。(笑)

投稿: n-steel | 2008年3月 1日 (土) 21時48分

n-steelさんへ

モノを大事にする気持ちは、中島さんも負けてないと思います。(幼稚園の遊具は愛情一杯の再生だったと思います)

料理に例えれば、素材をそのまま食すか?調理して食べるか?

素材を生かすという事を前提にして、何時も悩むところです。

スピルバーグ、ジョージ・ルーカス、日本では宮崎 駿・・・・・。

やはり、好きな人や作品に影響は受けていると思います。

私にしか出来ない事・・・・見つけたいと思います。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年3月 2日 (日) 06時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/10763716

この記事へのトラックバック一覧です: 始まりはキングストンから・・・・・:

« 治具・・・・・・ | トップページ | Gの箱から Ⅰ・・・・・ »