« 贅沢な悩み・・・・・ | トップページ | 治具・・・・・・ »

2008年2月19日 (火)

長谷川法世さん「ブンカ、ブンカ、ドンドン!祝おう会」 その2・・・・・

 伝統芸能 祝いの競演が始まる。

センターステージでは福岡旭会の筑前琵琶。

第一、第二とステージを換え、福岡民謡舞踏、博多券番、博多民謡・・・・・と伝統工芸の競演が続く。

そして、楽しみにしていた「博多町人文化連盟」によるオッペケペー節。

ままにならぬは 浮世のならい 飯(まま)になるのは米ばかり

ア オッペケペー オッペケペッポー ペッポッポー

不景気極まる今日に 細民 困窮かえりみず

目深にかぶった高帽子 ・・・・・・・・

何か現代にも通じる、時代の風刺。

法世さんは川上音二郎の顕彰をライフワークとしている。

音二郎は私と同じ1月1日生まれ。

人生を退くときは11月11日と決めていたと聞く。

1並び。

そして1911年11月の11日に亡くなった。

一昨年前の11月11日・・・・音二郎の100年忌へのイベント。

寒い雨の降る中、寸劇や3人の演者によるオッペケペー節が披露された。

その演者の中の一人が警固に本店を置く“馳走屋 石松”の主人、石松 聖氏。

石松氏はその何日か前にニューヨーク・マラソンを完走してきたばっかり・・・・・・。

マラソン前日に行われるエキビジョン・ランでは音二郎のコスチューム・・・・・陣羽織に袴、鉢巻を締め、日の丸の軍扇を持ったいでたちで走り、注目の的だったと聞く。

その勇姿はいま、彼の名刺の裏を飾っている。

その時もニューヨーク・マラソンの「ネタ」を織り込んで、楽しいオッペケペー節を熱演。

その石松氏が博多町人会のお嬢さん方“オッペケペー・シスターズ”を率いてオッペケペー節を。

Photo_4

昔はギター片手に心に染みるブルースを。

最近の名刺の肩書きにお囃子、落語 三味線と・・・・・。

芸の幅を広げ、磨きがかかる。

法世さんへのエールを込めての熱演。

チャーミングな“オッペケペー・シスターズ”との息も合って、オリジナルなオッペケペー節に拍手喝采。

Photo_6

その勇姿を見て、映像が重なった。

Photo_10

会のアイコン、法世さん筆の音二郎は石松氏がモデルでは?と・・・・・・・。

石松氏は小林克也似です。

レモンケーキ、チーズケーキにコーヒーと食事はデザートに。

伝統芸能のデザートは博多仁和加振興会による仁和加。

Photo_14  

デジャートじゃ無かばい!メインばい!の声が聞こえそうですが・・・・。

衣装も立ち居振る舞いも最高です。

『法世さんは漫画ば描きようとたい。』

『いままでは画用紙に描いとったと。』

『今度、県と市から賞ば貰ったとバイ!』

『だけん、今はケント紙(県と市)に描いとう!』

ゆる~い芸に大笑い。(オチだけ覚えていたので、後はうろ覚えです。すみましぇん!!)

飛び入りも参加もあってゆる~い芸も少し暴走ぎみ。

後に居た法世さんは疲れも見せずに皆さんと大笑い。

私は最後の締めには参加せず、途中下車。

博多祝いめでた、博多一本締め・・・・・・。

人も芸能も食事も、ブンカ、ブンカ、ドンドン!!・・・・文化、文化、どんどん!!の夜でした。

法世さん、今日の夜をありがとうございました。そしてお疲れさまでした。

ますますのご活躍をお祈り申し上げます。

記念特別誌、銘菓 博多通りもん、内祝いの手ぬぐいのお土産を貰って会場を後に。

内祝いの手ぬぐいには法世さんの筆で“ありがとお”の文字と10匹の蟻。

Photo_11

 

|

« 贅沢な悩み・・・・・ | トップページ | 治具・・・・・・ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/10554959

この記事へのトラックバック一覧です: 長谷川法世さん「ブンカ、ブンカ、ドンドン!祝おう会」 その2・・・・・:

« 贅沢な悩み・・・・・ | トップページ | 治具・・・・・・ »