« ヴィジョネア№25・・・・・ | トップページ | 「再生デザイン大賞」贈賞式・・・・・ »

2008年3月26日 (水)

第1回 再生デザイン大賞・・・・・

 2月14日バレンタインデー、読売新聞『再生デザイン大賞』の事務局からの電話。

「作品が優秀賞に選ばれました!」の連絡。

大賞―1名

最優秀賞― 学生1名 一般1名

優秀賞―学生3名 一般3名

カラーデザイン賞―1名

819名の応募から優秀賞 一般の3名の1人に選ばれました。

応募のきっかけは、カナダで自由なライフスタイルを実践しているK氏からのメール。

「こんな公募があるのですが、知っていましたか?」のメールに添付されていたのが、読売新聞が主催する第1回目の『再生デザイン大賞』の公募案内。

「再生」のタイトルに反応。

名刺の裏に「羽川再生堂」の屋号。

ブログのタイトルも「羽川再生堂」。

「再生」は私の創作の基本的なテーマ。

私の活動を知っての情報。

暮の個展の為に作品を制作していた最中。

「再生」の作品には事欠かなかった。

絵画、彫刻、陶芸、クラフト、映像などは多くのコンテストが開催されているが、私の取組んでいるような作品は評価される場が少ない。

よい機会と思った。

今回の賞は、アイディアや再生したデザインの完成度だけではなく、それにまつわるエピソードも重要な審査の対象。

展示会の為に製作していた作品のほとんどがその条件を満たしていた。

出品した作品は「ソースボードとアイロンの照明スタンド」。

同じような素材で製作した5点の作品から選んだ。

Photo_9

Photo_8

この素材の組み合わせは唐突な事ではなかった。

作品のアイディアは「始まりはキングストンから・・・」で紹介した作品を制作していた時点で発芽していた。

Photo_10

クチバシに使ったソースボードとアイロンのカバー。

それ以前に製作した昆虫をモチーフにした「夏の音」でもその素材の面白さを試した。

出品した作品はこのアイディアを熟成させたモノ。

ソースボードとアイロンを繋ぐ素材に苦慮していた。

慣れた素材では能が無い。

3年前に襲った福岡の地震。

仕事場もダメージを受けた。

トイレのタンクにひび割れが生じた。

その修理で配管をやり治した。

その配管の素材にヒントを得た。

この作品は10年の期間をおいてトイレで完成したもの。

Photo

素材の面白さを生かす為に、加工は最小限に抑えた。

Photo_2
日常の創作と変わりは無いが、個展のリアルな反応とはまた違った評価に手を叩いている。

「再生」のタイトルを持った賞を開催して下さった読売新聞社に感謝。

評価して下さった審査員の方々に感謝。

情報をくれたカナダのK氏に感謝。

1回目とあって、受賞作品を観ると、何か基準を模索している様な印象も受けたが、今回の受賞作品が今後の“基準”になるのであろう。

「継続は力なり」この賞が2回、3回と続き、「再生デザイン」の登竜門になる事をせつに願っている。

受賞式は明日27日、東京で・・・・・。




      

|

« ヴィジョネア№25・・・・・ | トップページ | 「再生デザイン大賞」贈賞式・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

再生デザイン大賞‥
まさに、羽川さんの為にあるような、公募賞ですね。
それにしても、そこで当然のごとく受賞する。
やはり作品の中に高いオリジナリティがあるからでしょう。
オメデトウございます。

照明スタンドの金属フレキパイプには、私も最初写真を見た
時に、ウ〜ム‥なるほど!と唸りました。
加工は最小限に、というところもイイですねぇ。

投稿: ハララ | 2008年3月27日 (木) 18時01分

ハララさんへ

コメントありがとうございます。

今、東京のホテルのロビーにあるPCからコメントいれてます。
何かいい感じです。
受賞式は終始なごやかな感じで良かったです。
簡単な立食のパーティーもあって・・・・。
学生の部では、最優秀賞に熊本県立工業高校の生徒の作品が選ばれてます。
他に武美や東美の生徒の作品が・・・・。
若さに触れた式でもありました。

今日は少し美術館巡りでもしようかと思ってます。
詳しい事は帰ってからご報告します。

以上、東京からの速報です。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年3月28日 (金) 07時40分

おめでとうございま~す。
なんか私も自分の事のようにうれしいです。(^^)ニコ

そうですよねー
新しいものを造るという公募は沢山ありますが、再生という内容のものは私が知っている限りないですもんね。

再生とは言いながら実は今の最先端をいっているのかも知れませんよー。

環境、エコ、リサイクルですからね~。

モノを大事にするという点でもとてもすばらしい事だと思います。

やっぱり幼稚園児のワークショップはやるべきですよ!

投稿: n-steel | 2008年3月28日 (金) 21時46分

n-steelさんへ

知人が言ってくれました「これからは貴方の時代だ!」と・・・。
でも費やす時間と評価は比例しません。
チョットした覚悟が必要だったりもします。
でも今回の様にリアルな評価を頂くとその気になったりもします。
続けていくには、それなりの計画も必要だと思っています。
世代への啓蒙。
考えていきたいと思います。。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年3月28日 (金) 23時18分

そうですよね、費やす時間と評価は必ずしも比例するとは限りませんからね・・・・・。

難しいところです。

でも支持してくれる人はきっと沢山いるはず。
羽川さんが火付け役となって「ドカン!」と大きな花火を打ち上げましょう。(^^)ニコ

投稿: n-steel | 2008年3月29日 (土) 15時14分

n-steelさんの言葉に励まされます。
何時もありがとうございますwink
前向きに行きましょう。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年3月29日 (土) 20時50分

お久しぶりで〜す!
遅ればせながら、受賞おめでとうございま〜〜〜〜〜す!!!
カナダのKさんからお知らせいただいてたのですが、引っ越し前の打ち合わせと準備でたてこんでまして、遅くなりました。
(マルチェロとジョニーも新居で元気にしております♪)


是非、小学生や親子対象のワークショップもお願いします!
場所はこちらの方で準備させていただきますので♪

私も夏にライヴが決まりましたので改めましてお手紙お送らせていただきま〜〜す!

投稿: niwashidori | 2008年4月 9日 (水) 10時06分

庭師鳥さんへ

こちらこそ、ご無沙汰です。
お祝いのコメントありがとうございます。

新居の居心地は如何ですか?
きっと素敵な新居なのでしょうネ。

新居へのお誘い、ライヴ、楽しみにしています。
ワークショップは夏休みにでも・・・・・。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年4月10日 (木) 07時38分

こんばんは!

新居に引っ越して夜が短くなりました♪
ワークショップの件、楽しみです!
また連絡いたしま〜〜す♪

投稿: 庭師鳥 | 2008年4月12日 (土) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/11166391

この記事へのトラックバック一覧です: 第1回 再生デザイン大賞・・・・・:

« ヴィジョネア№25・・・・・ | トップページ | 「再生デザイン大賞」贈賞式・・・・・ »