« ネジ切り・・・・・・ | トップページ | SAM&J・・・・・・ »

2008年7月16日 (水)

HAGAWA WORKS 2008・・・・・

 少し無謀なスケジュールだったのかな?と少し不安。

昨年11月に開いた「HGAWA WORKS 2007」から8ヶ月。

オリンピックの開催期間と同じ8月8日(金)から、中休み(8/13.14.15)を挟んで8月の24日(日)まで、個展「HAGAWA WORKS 2008 -NEXT DOOR-」を開催します。

場所は前回と同じオリハウスです。

3~4年の期間をおいて開催してきた個展をこのタイトな準備期間で・・・・・・少し頑張りました。

内容はタイトではありません。

新作のオートマタは「サム(主人公)とジェイ(忠犬)」のシリーズと流木や端材を素材にした趣の違うタイプの作品を展示します。

Samj

再生デザイン大賞の優秀賞受賞の「アイロンとソースボードの照明」のシリーズも新作を何点か出展。

ブログの「マイ・コレクション」で紹介した珍しいアート本やレアなブリキの玩具、デザイン・グッズなども選りすぐって出品。

何点かはサイレントオークションでお譲りしたいとも考えています。

ダンボールを素材にした壁掛け時計を作るワークショップも開催予定。

盛り沢山です。

前回は人形のコスチュームで参加した連れ合いも刺繍の作品で参加。

タイトルのーNEXT DOOR-は私の敬愛するアレキサンダー・カルダーの作品を数多く収蔵するホイットニー美術館のミュージアム・ショップと会場のオリハウスを意識。

また、私達の次の活動への扉・・・そんな思いを込めてのタイトルです。

ワークショップの案内や詳しい情報は順次紹介していきたいと思います。

オリンピック開会式までのカウントダウンは個展初日までのカウントダウンでもあります。

「個展」まであと23日。

※作品のディティールを見たい方は写真を左クリックすると大きな画像になります。

|

« ネジ切り・・・・・・ | トップページ | SAM&J・・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

羽川さん、「からくり人形」ってインドネシアのワヤン・クリッ(影絵芝居)みたいですよね。
でも仕掛けが丸見えで、想像力が刺激されるアートってなんですかね?
<可愛い>とか<微笑ましい>という玩具性だけでは満たされないし・・・。
私は、なんだか彼らを見ていると、かたことの胎児性動作にギクッとしたり、周りに気づかれないよう、しれっと人生を反省したりするんですが・・・オカシイですかね。
「からくり人形」も影絵で見ると、恐いような物語性
が充満するかもしれませんね。
ps
 7月15日、追い山にいきました。富谷カメラマンの脚立の下、最前列で見たんですが、山笠が清道から方向転換する時に、なんと!<山笠の風圧>を体験しました。凄かったです!!あれは神の風でしたよ!

投稿: ヤマモト | 2008年7月16日 (水) 16時00分

ヤマモトさんへ

ヤマモトさんの鋭さに少し「ドキッ!」としています。
「良い意味」で期待を裏切りたいと思ってます。
見方は自由です。
今回の作品には、無邪気な動きや造形の中に別の意味合いを持たせています。
メッセージと言うと少し格好つけすぎですが、私の「少し意地悪な洒落」です。
創り手の意図を知った時、また違った楽しみ方が・・・・。
それは少し「怖い」事かも知れません。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年7月16日 (水) 20時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/22281779

この記事へのトラックバック一覧です: HAGAWA WORKS 2008・・・・・:

« ネジ切り・・・・・・ | トップページ | SAM&J・・・・・・ »