« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月 9日 (火)

試行の場・・・・・・

 個展はある意味試行の場でもあります。

作品に対する反応を確かめながら、その感触を持って次のステップに進む。

今回の個展に展示したオートマタでは、その機素の耐久性を試す場になったりもする。

場に出れば、1日数十回は動かされるオートマタ。

多いときは数百回。

過去の仕事では1日16時間、4ヶ月にわたって動かした作品もある。

その耐久性が試される。

私は創作の師を持たない。

が、好きな作品はある。

海外では、キース・ニューステッドやポール・スプーナーの洗練された作品。

流木や廃材が特徴的なロバート・レースのオートマタが気に入っている。

日本の作家であげるなら、3年前、福岡は三菱アルティアムで開催された「現代からくりおもちゃ展」でご一緒させて頂いた西田氏とばんば氏の作品が好きだ。

Photo_6

有馬玩具博物館の館長もつとめる西田氏はこの世界の第一人者。

他の作家に与えた影響は大きい。

思いつく(私が)モチーフやストーリーは全て形にしている様に思われる。

西田氏のハードルは高い。

愛知のばんば氏。

一目でその作品に魅せられた。

その作品はウイットに富んでいる。

起承転結、4コマ漫画のようにストーリーがある。

知的な笑いを誘う作品が好きだ。

アイディアは勿論の事、モチーフのデフォルメ、仕上がりの質・・・・・学ぶところが多い。

今回の個展の作品においても、ばんば氏にはいろいろとアドバイスを頂いた。(試行錯誤項参照)

ばんば氏のHPでは氏の作品は勿論の事、カラクリの仕組みや創作のヒントなどが惜しげなく公開されている。

まだまだ日本では市民権を持たないこの創作を続けられるのも「お二人の存在があるから」と言っても過言ではない。

そんなお二人に肩を並べられる様に、時間のかかる試行を繰り返している。

試行の場ではオートマの耐久性同様に自分も試される。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »