« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月19日 (水)

ウォーターランド・・・・・・

 1が並んだ秋晴れの日。

通りの木々が歩道に長い影を作っている。

福岡タワーへの入口に建つ、見慣れた彫刻も秋色を映しこみ長い影を作っている。

何故かその景色に懐かしいものを感じた。

Photo

Photo_2


Photo

この彫刻は1989年に開催された《アジア太平洋博覧会》の時に建設されたもの。

作家は1998年の長野オリンンピックの聖火台でも知られている情報彫刻家 菊竹清文氏。

彫刻のタイトルは「ウォーターランド」。

機能的でクルーな素材は、円と緩やかな曲線の造形で構成されている。

覗く艶やかな赤がその形に生命力を宿らしている。

磨かれたステンレスの鏡面には季節の景色が映し込まれ、変化に富んだ表情を見せている。

「世界の人々との交流を考えた情報化時代の世界のネットワーク構想に基づき製作・・・・・」

彫刻の下に設置されたプレートに記されている。

 

この彫刻が創られる3年前、ニューヨークに滞在していた時、N.Yのイッセイ ミヤケに勤めていたI氏から菊竹氏を紹介される。

菊竹氏はニューヨーク・ポリテック大学に芸術研修生としてご家族とニューヨークに滞在し、多忙な毎日を過ごされていた。

同じ福岡からという事もあって、いろいろとお話をする機会に恵まれた。

ニューヨークで体験する様々な事で、お互いに話題には不自由しなかった。

情報彫刻という概念もこの時期に確かなものにしたと聞いている。

菊竹氏とそのご家族は、1年間の滞在を終え、ニューヨークの木々が紅葉しはじめた頃に帰国された。

帰国後も桜坂にあったご自宅にお邪魔して、貴重なお話を聞かせて頂いた。

博覧会の現場。

私も商業施設のお手伝いをさせて頂いていた事もあって、建設中の現場でお会いする事が何回かあった。

「何か、こんなモノ持たせられちゃって!」

テレながら、肩から提げた大きな携帯電話を見せてくれた。

今から想像がつかないほどに大きく、持つ人は限られていた。

情報彫刻家は最先端を行っていた。

何かを試していたのかもしれない。

菊竹氏は「ウォーターランド」とは別に、場内にもう一つ彫刻を製作していた。

2ヶ所の現場を忙しく移動していた。

それでも水量を調整している彫刻を前に「この彫刻は異国の彫刻と情報を共有して、電話回線でコンピューターを・・・・・・」。

今では何の違和感もない説明も当時は理解するのに時間がかかった。

珍しく木部とステンレスのハイブリットな素材の組み合わせの彫刻の前では、黄色にペイントされた造形の一部を指差して「造形には魂を入れないと!」。

その思いを丁寧に説明してくれた。

当時、私は菊竹氏の仕事を正確には理解出来ていなかったと思う。

しかし今、時代はまさにネッワークの時代。

先を見据えた菊竹氏の仕事を今改めて見直している。

Photo_4

20年経った今も、この彫刻は機能している。

時代と移り変わる季節を映し込みながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年11月11日 (火)

切手・・・・・・

 切手・・・・・何故だか私はこの小さな印刷物が気にっている。

届いた手紙に珍しいデザインの切手が貼ってあったりすると何か嬉しい気持ちになる。

価値は同じだが貨幣には無い自由なデザインがいい。

使用済みは作品のコラージュなどにもよく使う。

年賀状のモチーフにした事もある。

あのアンディ・ウォホールも作品にしている。

コレクターではないので、その価値うんぬんは無い。

大御所の絵画を手に入れたような気分にさせる日本の近代美術をテーマにした記念切手。

Photo

時代の傾向を象徴する戦後50年や20世紀のメモリアル切手。

Photo_2
Photo_9

海外のノミの市で見つけた使用済みの切手。

Photo_3

無造作に袋に入れられている。

押されたスタンプはどんな手紙をどんな相手に送ったのか?

想像するのも楽しい。

旅行のお土産に貰ったりもする。

Photo_4

Photo_6

Photo_2

決してコレクターではない。

お土産に買ったりもする。

旅先の郵便局に行く。

日本同様に珍しい記念切手が置いてあったりする。

Photo_7
Photo_8

米国の1900年~2000年までの100年間を祝っての切手。

喜ばれる、少しマニアックなお土産。

円形や楕円、三角といった変形の切手もある。

時代を映す美しくデザインされた切手は何度見ても飽きない。

切手を貼る・・・・・凝縮された小さなアートは、このリアルな行為をほんの少しだが創造的な気分にさせてくれる。

そんな機会も少なくなってはきているのだが・・・・・・・。

※ 画像をクリックすると大きな画面が開きます。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年11月 4日 (火)

ワークショップ IN 食育祭・・・・・・

 11月1日《食育祭 IN ふくおか 2008》当日。

 午前8時、食育祭世話役-歯科医のU先生の、荷物を乗せるにはお洒落すぎる車に同乗して会場へ。

到着後、大ホールのステージのディスプレイ。

クリスマスを題材にした手持ちの作品と功労者に送るこだわりの野菜を飾る。

《食育祭》らしい取り合わせ。

飾りつけを終えて西棟の8階、創作工房へ。

ここが今日のワークショップの会場。

ゆとりを持ったスペースにテーブルが7台、椅子が37脚。

昨年は大ホールのステージ前、バルーン・アートとならんで机が2台。

比べれば贅沢。

会場15分前、急いで準備。

前回の経験で、今回は連れ合いも参加。

開場の時間に準備は終了。

『廃品に命を吹き込む「ワークショップ」』・・・・少し気恥ずかしい案内をあげる。

Photo

 アリーナ棟の大ホールは57のブースで構成された『食べて遊んで わくわく広場』。

西、東棟には食育をテーマにしたセミナーや交流会、展示、ワークショップなど35の企画ブースで構成。

ほとんどのお客さんは大ホールを経由してからと予想する。

思いの通り、ワークショップはスローなスタート。

10時半ば頃からぼちぼち・・・・・それからが速かった。

Photo_2

11時には使えるテーブルは埋まる。

サンプル、簡単な製作図、準備は万端・・・・のつもり。

現場が慌しくなってくる。

「すみませ~ん!ワイヤーがうまく曲げられないのですが?」

「スミマセ~ン!この枝、ここから切って貰えます?」

「すみませ~ん!ペンチ貸してもらえます?」

「接着剤はこのくらいでいいですか?」

質問やお願いが飛び交う。

「スミマセン!スタンプ押して頂けますか?」

《クイズに答えてスタンプをもらって素敵な・・・・》、プレゼントの貰えるスタンプラリーのポイントにもなっている。

連れ合いも、あっちに、こっちに動き回っている。

 ある程度の作業が進むとワイヤーや木部を止めるドリルを使っての作業に進む。

少し慣れが必要なので、この作業は私の仕事。

「ここ止めて頂けますか?」

電気ドリルで下穴を開けて、インパクト・ドライバーを使って、ダ!ダ!ダ!ダ!ダ!

「ここに穴、開けてもらえますか?」

電ドルのチャックをゆるめ、必要なサイズの錐に変えて・・・・・・・・・・・・・。

Photo_3

この必要な依頼に答えていく。

万端だったはずの準備に少しずつほころびが・・・・・・・。

待っている参加者がいる。

説明が追いつかない。

オーダーを取りに来ないウェイターを待つような視線を感じる。

「すみません!ほったらかしで!」と私。

何とか場を繕いながら進める。

「スミマセン!この釘の切れないですが・・・・・」年頃のお嬢さん。

蝋燭を立てる釘の加工が出来ないでいる。

ペンチを探して、作品を受け取り、釘の頭を切る。

材料の様子で持ち方が悪かった。

思い切り力を入れたら、掌に痛みが走った。

見たら、掌の指の付け根に8㎜ほどの血豆。

お嬢さんを前に、ここは「グッ!」と我慢。

そんな小さなトラブルもありながら進む。

「もう一台作りたかった!」

「楽しかったです!家でも作ってみます。」

「次回は何時・・・・・」

沢山のお礼の言葉も頂く。

 入れ代わり、立ち代わりながら3時間。

去年より多めに準備した材料が無くなる。

「すみません!材料が無くなってしまって・・・・・」

来られる方に頭を下げて謝る。

「あ~残念!もう少し早く来ればよかった・・・・・」

「エ~!もう終わっちゃったんですか?」

少し残念そうな後姿を見送る。

表の案内を早々に外す。

午後3時、ワークショップは盛況のうちに無事?終了。

 朝食後、これまで何も口にしていなかったが、不思議と空腹は覚えなかった。

覚える暇が無かったと云ったほうが正しいかもしれない。

午後4時、グラウンドの芝生に座って、遅い昼食。

 はじめてのメニューだっが、手ごたえはあった。

創る楽しみを感じてもらえただろうか?

素材の可能性は理解してもらえただろうか?

丁寧にと思いつつも、少し流れ気味に進んでしまった時間に悔いを残すが、面白さを感じて、何かの機会に作って貰えたらと期待。

 受付で提供されるパンフレットに私の名前を見つけて訪ねて来てくれた知人も何人か・・・。

連れ合いも、思いがけない嬉しい出会い。

息つく暇もなかったワークショップだったが、充実した面白い1日だった。

参加して下さった方々に感謝!

U先生、お疲れさまでした。

そして感謝!

Photo_4

 忙しく、写真が撮れなかったので、私の作ったキャンドル・スタンドをひとつ。

蝋燭の炎が作り出す影を楽しみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »