« ワークショップ IN 食育祭・・・・・・ | トップページ | ウォーターランド・・・・・・ »

2008年11月11日 (火)

切手・・・・・・

 切手・・・・・何故だか私はこの小さな印刷物が気にっている。

届いた手紙に珍しいデザインの切手が貼ってあったりすると何か嬉しい気持ちになる。

価値は同じだが貨幣には無い自由なデザインがいい。

使用済みは作品のコラージュなどにもよく使う。

年賀状のモチーフにした事もある。

あのアンディ・ウォホールも作品にしている。

コレクターではないので、その価値うんぬんは無い。

大御所の絵画を手に入れたような気分にさせる日本の近代美術をテーマにした記念切手。

Photo

時代の傾向を象徴する戦後50年や20世紀のメモリアル切手。

Photo_2
Photo_9

海外のノミの市で見つけた使用済みの切手。

Photo_3

無造作に袋に入れられている。

押されたスタンプはどんな手紙をどんな相手に送ったのか?

想像するのも楽しい。

旅行のお土産に貰ったりもする。

Photo_4

Photo_6

Photo_2

決してコレクターではない。

お土産に買ったりもする。

旅先の郵便局に行く。

日本同様に珍しい記念切手が置いてあったりする。

Photo_7
Photo_8

米国の1900年~2000年までの100年間を祝っての切手。

喜ばれる、少しマニアックなお土産。

円形や楕円、三角といった変形の切手もある。

時代を映す美しくデザインされた切手は何度見ても飽きない。

切手を貼る・・・・・凝縮された小さなアートは、このリアルな行為をほんの少しだが創造的な気分にさせてくれる。

そんな機会も少なくなってはきているのだが・・・・・・・。

※ 画像をクリックすると大きな画面が開きます。

|

« ワークショップ IN 食育祭・・・・・・ | トップページ | ウォーターランド・・・・・・ »

マイ コレクション」カテゴリの記事

コメント

きれいですね〜!アメリカのレトロな切手も素敵です♪

20世紀シリーズは、私も何種類か購入しました!
最近は、オリジナル切手も作れるみたいですね。
手紙やカードを受け取る方の笑顔を思い浮かべて、切手を選ぶのも
楽しみのひとつです♪

投稿: Yumico | 2008年11月11日 (火) 10時52分

Yumicoさんへ

気に入った記念切手は2シート買ったりします。
貼ってみたい衝動には勝てません。
が、一方では貼るのが惜しかったりもします。
で、2シートです。
でも、コレクターではありません。
筆不精が勝手な事を言ってます。


投稿: 羽川再生堂 | 2008年11月11日 (火) 20時55分

羽川さん、素晴らしいコレクションですね。
私も、平成9年1月28日に発売された手塚治虫とアトムのシートは、嬉々として買いに行きました。
大事に保管してますが、ヤッパリ羽川さんも(笑)
それにしても、切手というシールは不思議ですね。
人生の有為転変や、霞んだような無常感を小さなシール一枚で表現していますよね。
悪い報せ、好い報せ。
インターネットにはない、刻印された「つぶやき」が
白い紙から立ち昇ってきます。

投稿: ヤマモト | 2008年11月13日 (木) 10時40分

ヤマモトさんへ

これを書いていて、ふと思いました。
オリジナルの切手をデザインしてメールに添付しようか?・・・・と。
思いを伝えるには、それなりの努力も必要と思いませんか?
で、借金の依頼文にはどんな切手が良いか?
真剣に考えています。
「しゃないな~!貸してやるか!」そんな気分にさせる切手を・・・・。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年11月13日 (木) 19時57分

いや~、それいいですね!!
賛成!イギナーシ(古い)
インターネットって、心情を表わす<余韻>がないですもんね。メディアとして。
クリック一発で、いきなりですからね(笑)
便利このうえないのですが、<そこはかとない風情>
なんていうのは、ハガキ一枚にも敵わないですからね。
でも、切手つきネットって、相当タフなアイデアと
日頃の在庫が無いと発行できないですけど、切手の
価値が分かる<絶滅危惧種>や、味噌と糞の濁流情報に辟易している乾燥人間には、「おやっ?」でしょうね。
読ませる(集中)んではなくて、感じ(印象)させて心情を伝えるわけですから、奥ゆかしい(死後か)緊張感と興味を誘いますよね。「なんだ?これ?」
こういう骨董化した価値観(笑)の再生は、再生堂の職人仕事かも。
衰弱した切手の神様も応援する・・・。
フレー!(無責任か)
PSーあれからフラフラ郵便局に行きました。

投稿: ヤマモト | 2008年11月14日 (金) 10時24分

これだけ切手で盛り上がるとは思っていませんでした。
局地的ではありますが。
でも、切手を貼って文(ふみ)を出す・・・・やはり、捨てがたく残したい日常です。
ある人には、切手を貼るという事はプリミティブな行為以外のなにものでも無かったりするんでしょうネ・・・・怖いですネ~寂しいですネ~(淀川さん風に読んで下さい・・これも古い!)。

今は年賀用の切手とクリスマスの切手が発売されてますよネ。
買いました?

去年のカリスマ・デザイナー佐藤可士和の年賀ハガキはどうだったんでしょうネ。
少し気になっています。
流行りモノに頼るというのも考え物です。

投稿: 羽川再生堂 | 2008年11月14日 (金) 18時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/24873852

この記事へのトラックバック一覧です: 切手・・・・・・:

« ワークショップ IN 食育祭・・・・・・ | トップページ | ウォーターランド・・・・・・ »