« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月26日 (月)

雪の週末・・・・・・・

 天気は雪の予報。

今日と決めていた。

移動は何時ものように最寄の交通機関。

地下鉄で博多駅へ。

博多駅から新幹線に乗り継いで南福岡へ。

水気を含んだ大きめの雪が舞う。

荷物もあったのでタクシーに乗って春日の西小学校前まで。

昨年の夏、『隣の店舗が空いたのでギャラリーのスペースを広げようかと・・・・・・』言っていたカフェの主人。

『新しいギャラリーにて初企画展です。ぜひ遊びに来て下さい。』

田村真理子さんの個展のDMに添えられていた言葉。

半年の短い期間でその計画を実現したのだ。

Cafe & Gallry Nabeの主人ワタナベさん。

実現は経営の手腕とお人柄によるところが大きいのだろうが、そのフットワークの良さに敬服。

Dm

田村真理子さんの活動は随分と前から注目していた。

唐津、百道のハイアット、志摩の「MA」・・・・・そして芸術村。

場所を変えながら精力的に様々なアプローチを試みていた。

個展にも何回かお邪魔した。

和紙を素材にした艶やか(私的感想)な造形は私のお気に入り。

今回の個展では和紙の作品の他にアクセサリーを展示していた。

『ビジネスです』と言いきる。

「創りたいもの」がビジネスに直結していれば理想だが、得てして「創りたいもの」はビジネスとは無縁であったりもする。

私もアクセサリーを作った事がある。

モビールやサーカスで有名なカルダーやHIRONENのアクセサリーに刺激された事もある。

「身に着けられるアート」・・・・・そんなスタンスの作品があってもよいと思った。

身近な人・・・・・・対象のはっきりとした中での創作は楽しくもあった。

そんな事で田村さんがアクセサリーを手がけていた事はなんの違和感も無かった。

素材は既成だと言うが、やはりその選択と造形には研ぎ澄まされた感覚が感じられた。

オブジェ同様に十分に楽しめた。

カフェに移って、楽しみにしていたカレーを頂く。

連れ合いと違うものを頼んで「ハーフ&ハーフ」。

ワタナベさんご夫婦の人柄が招くお客さんが入れ替わり立ち代り。

居心地良さに2時間半もお邪魔してしまった。

外を観ると雪が向かいの建物の所在を消している。

カフェの前にあるバス停から、後ろ髪を引かれる思いで大橋に向かう。

 バスは西鉄大橋駅の東口に止まる。

連れ合いは用事があったので此処で別れる。

私は西口に抜けて知人のアトリエに向かう。

雪は本格的。

坂の先にあるスロープのついた階段を上る。

上りきると住宅街が広がる。

生垣のある建物の沿って回り込む。

ガレージの入口に掛かった赤い「9」の文字。

ガレージの奥にある小さな木の扉を開けるとそこが「アトリエ 9」。

Photo

Photo_2

使い込まれた工具や道具類、調理器具、製図道具、ボルト、錆付いた船釘・・・・・・。

知人の作家が創作する焼物の食器やオブジェ。

作家でもありオーナーでもあるKumicoさんが愛情を持って集めたコレクションの数々。

勿論、自身のバルサを素材にした飛行機やロボット、ワイヤー・クラフト、絵画などの作品も、それらと心地よい関係を持ってそこに在る。

ここにしかないものが在る。

作品、コレクション、家具、空間・・・そこに在るもの全てが私の好み。

言い換えれば、1つとして嫌いなものが無い。

そんなお気に入りの店。

出会いは直感だった。

情報雑誌で見た顔のある赤い飛行機。

何故か目が離れなかった。

「この飛行機の向こうに何かある・・・・・。」

そう感じた。

記事を読めば、近くに居を構える知人のデザイナーF氏が空間を設計施工。

作家仲間で造った心地のよい「居場所」だと知る。

デザイナーF氏が開く曜日限定のカフェがオープンする日を選んで連れ合いと出かけた。

昨年の5月の事。

その直感は間違っていなかった。

訪れて意気投合してしまった。

言われて思い出した。

随分前だが、お会いしていた事を。

そんな下地があったのかもしれない。

カフェNabeのワタナベさんと再会させてくれたのもKumicoさん。

作品の事、素材の事、これからの事・・・・・話す事は沢山あった。

居心地の良さに2時間。

遠慮の無い私。

このアトリエを探すには少しの努力が必要かもしれない。

が、探し当てた時には何か大切なものが見つかるかもしれない・・・・・・・そんなお店です。

 雪は少し小降りになっていた。

時間を見ると5時をまわっていた。

少し足早に駅に向かう。

大橋から西鉄電車で天神へ。

天神から地下鉄で西新へ。

傘や頭の雪を払いながら階段を下りてくる仕事帰りの人たち。

見上げる空は白の点模様。

西新商店街の一角にある人気の通り。

その中ほどにある「オーストラリアン ビーンズ カフェ」の2階。

今日1日だけの作品展。

Dm_2

「ペペのへんてこな生きもの展」。

作家はペペ&ネコルのペペさん。

テーブルに並べられた「へんてこな生きもの」はクレイを素材に缶やガラス瓶、針金を芯にして作られている。

造形は自由。

ディテールやリアルに興味は無い。

手の感触やその後の彩色を楽しんでいる様にも見える。

軍手を素材にした作品が面白い。

軍手の中にクレイを入れて造形している。

網目が彩色に豊かな表情を与えている。

ペペさんは多才な作家。

絵も描くしオブジェも創る。

家具も創る。

音楽家でもある。

CDも出している。

人が聞いたら不思議に思うかもしれない。

もしかしたら「へんてこ」なのは作家自身かもしれない。

「へんてこ」それは大事な個性でもある。

自由な創作を観て私も「へんてこ」になりたいと思った。

次のお客さんが来たのを期に会場を後にした。

雪はまだ降り続いていた。

雪を楽しみながら、盛り沢山の週末・・・・・・・・。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

iPod・・・・・・

 「優しい人たち」からのプレゼント iPod nano。

Ipod_2


Photo

PCのUSBポートに接続して充電・・・・・・・・・・・・!

iTunesをダウンロードして曲を取り込む。

Photo_3

The journey of 60th years passed・・・・・55曲の他に好きなアルバムも4枚。

娘も参加して好きな曲を入れる。

I_2  

9cm×4cm、厚さ6.4mm、重さ40g・・・・この大きさに2000曲。

鉱石ラジオからはじまった世代には何か不思議な感じ。

連続再生時間24時間。

ビデオ再生時間4時間・・・・・・・・・・ウム~~!恐るべしiPod。

週末には落語全集でも入れてみよう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

年の始めに・・・・・・

先日紹介させて頂いた「始祖の船」のプロモーション・ビデオが作られました。

Yumicoさんが撮られた写真を構成したもので、素敵な曲と広がりのある画像が楽しめます。

「時空カフェ」にアクセスを・・・・・。

音楽繋がりで・・・・・・・・。

暮に気軽なパーティーの誘い。

建築家のS氏の車で知人の別荘に。

道中、車のデッキから流れる懐かしい音楽。

ブラザース・フォー。

先日BSでコンサートの模様を観たばかり。

聞けば、懐かしく思い出してはまっているとの事。

このCDはお嬢さんも気にっていると言う。

うろ覚えだが、何曲かは口ずさめた。

その日のパーティーでS氏はギターでは無く、サックスを手にお嬢さんのフルートとコラボレーション。

羨ましい光景を目にした。

グラフックデザイナーのO氏がギターを始めたとの情報。

ちょっとした集まりにはギター持参で覚えたての曲を披露しているとか・・・・・。

曲は60年代には懐かしい「パフ」、「七つの水仙」・・・・・・・・。

年賀に「カントリーギターなんぞを習いはじめました」の添え書き。

おい!おい!

おじさん達が何やら目覚めて行動的。

手を動かしたり頭を使うのは「ボケ防止」によいという。

まさかリハビリ代わりに始めてたわけでも無いだろう。

どちらにしても、見過ごせない。

仕事場の押入れは「どらえもん」のポケットのよう。

何でも出てくる。

ギターは勿論の事、フルート、サックス、ブルースハープ、バンジョー、etc・・・・・・・・・・。

Photo

Photo_2

Photo_3

高校の頃、時代の洗礼を受けてバンドを組んでいた事がある。

フォークブームの真っ只中。

若者はアメリカから持ち込まれたIVYルックとその文化を象徴するフォークミュージックに夢中になっていた。

若者達はボタンダウンのシャツを着るのと同じようにフォークギターを持っていた。

私も例外ではない。

いまは百道の浜から吹きつける風で腕はしっかりと錆び付いている。

先日、楽器の感触を思い出させられた・・・・・・錆付き具合も。

今年の課題として、何か挑戦してみる事に。

で、何をやるか?

管楽器?肺活量も自信が無いしS氏とかぶる・・・・・・。

ギター?O氏と比べられるのも問題・・・・・・。

Photo_4

Photo_5

いろいろと妄想した上でバンジョーに再度挑戦してみる事にした。

焦らずに、ゆっくりと、無理をせずに練習してみようと思った。

久し振りにケースから出したバンジョーはことの外重い。

30年以上前、少し奮発して買ったもの。

ブルーグラス仕様なのでずっしりと重い。

Photo_7

チューニングを終え、軽くブラッシュしてみる。

音は心地よい。

ここ数十年の作業で疲れた手。

少し心配だったが、指は何とか動きそうな気配。

教則本も揃っている。

日に一度・・・・・日課にしてみる事に。

リハビリのつもりで・・・・・・・。

今年のクリスマスには「グリーンスリーブス」でも一曲。

年の始めにクリスマスの事を考えてみた次第。

どうなる事か???。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

愛宕の山から・・・・・・・

 6時半過ぎ、まだ暗い街に出て行く。

愛宕の大橋を渡る頃には東の空が薄っすらと赤みを帯び始めていた。

自然と足が速くなる。

石の鳥居をくぐり、勾配のきつい階段を上がる。


東の赤みを帯びた空に押されるように重たい足を前に進める。

茶店のある広場に着く。

ほっと一息。

Photo_7

 
神社の前では巫女さんが、訪れる人を迎える前のお参り。

家族、健康、仕事・・・・・歳を重ねるほどに増える願いごと。

今年も無事に過ごせる事を願って、いつもより深々と頭を下げる。

細くのびた雲が朱色に染まり、時が近い事を知らせる。

日の出は7時23分。

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

Photo_6

明けましておめでとうございます

今年もよろしくお願いいたします

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »