« 着想・・・・・・・ | トップページ | ペイント・マジック・・・・・・・ »

2009年3月30日 (月)

修理・・・・・・

Photo_2

人形の顔に布を貼っていた。

頭のラインに沿って布を切り込んだ時だった。

「ポッキ!」乾いた音を発てて樹脂で出来たハサミの平柄の部分が折れた。

一番使い慣れたハサミ。

10年以上前に手に入れたモノ。

時間の経過による樹脂の劣化?

切刃は小さな山が連なる砥ぐ事の出来ないタイプ。

が、手入れをしてきたので切れ味は当初と変わらない。

私の乱暴な使用にもよく対応してくれた。

近くの手芸店に連絡を入れたが同じモノの在庫が無い。

仕事も終わっていない。

他のハサミが無いわけではないが、この仕事にはこのハサミが不可欠。

ダメージは決定的だったが、修理を試みる。

柄の大きさと力のかかり具合から単純な接着ではすぐに壊れるのは目に見えている。

骨接ぎのように針金を加工したもので折れた箇所を繋ぐ。

紐、針金、テープ・・・・・それらで固定する事も考えたが、樹脂を使ってみる事にした。

ギブスのように・・・・・・。

粘土で型を作って、繋いだ部分に樹脂が被さるようにした。

Photo_3

写真の白い部分が樹脂で折れた箇所。

仕上げはルーターを使って整形。

Photo_4

使ってみると、繋いだ部分もしっかりと固定され、安定した使い心地。

これでしばらくは使えそうな気配。

修理には2時間ほどかかったが、作品の製作とはまた違った充実感。

Photo_5

使い込んだ愛用のハサミたち。

 

|

« 着想・・・・・・・ | トップページ | ペイント・マジック・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
使い込んだ、使い易い道具
仕事が戦いとしたら一つの武器ですね
先日、何の番組か?忘れましたが
時計職人を目指す若者の為のスクール
で最初に教えるのが、自分の仕事の道具
を一から作ると言うのを思い出しました
私も絵筆は沢山あるのですが、やはり
使い易い筆は安心します
紙に沢山の色を乗せるときも、細かい
線を引く時も、その一本の筆で足りるん
ですんね、そのテクニックも一本しか
使わないから、覚えてくるのでしょうね!
安心のある道具、やはり武器です・・・w(゚o゚)w

投稿: ヒデ爺 | 2009年3月30日 (月) 08時59分

ヒデ爺さんへ

同感です。
筆や刷毛・・・使うのは何時も同じもの。面相筆などは割れてしまった柄を修理して使ってます。かと思えば、全然使っていない筆や刷毛も沢山あります。
材料もしかりですが、揃っていると何か安心するんですよネ。
「何処からでもかかって来い!!」てな感じで。

映画の看板を描いていた知人はペンキ刷毛一本で全ての表現をこなしていました。
昔の話ですが。


投稿: 羽川再生堂 | 2009年3月30日 (月) 19時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/28865677

この記事へのトラックバック一覧です: 修理・・・・・・:

« 着想・・・・・・・ | トップページ | ペイント・マジック・・・・・・・ »