« ペイント・マジック・・・・・・・ | トップページ | 仕事の仕方・・・・・・ »

2009年4月11日 (土)

ドリルビット・・・・・・

 「お客さんは10mmのドリルの刃ではなく、10mmの穴が欲しいのです!」

ホームセンターの社員教育に迎えた講師の弁。

分かったような、分からないような・・・・・。

私の作品は微妙な寸法の穴を必要とする。

ビットに表示された寸法よりほんの少し小さい穴、ほんの少し大きい穴・・・・・などなど。

コンマ以下の少し我侭な要求。

Photo

穴開け加工といっても、ドリルに装着されるモノでも多種多様。

木工用、鉄工用、アルミ、アクリル、コンクリート、陶器といった材料に対応するモノ。

大きい穴開け用のホルソーや自在錐など。

値段もいろいろだがここで安物は薦めない。

工具の性能は値段に比例する。

刃もメーカーや用途によって微妙に開けた穴の大きさが違う。

ドリル(ボール盤)側の正確さも影響する。

そんな工具や材料の癖を見抜いて必要な穴の加工を試みる?????

製作上、13mm径の穴を必要とした。

あまり使用しない径だった。

その径のビットを探し工具店で買い求めた。

加工は完璧だった。

穴ですから何もありません。

空間です。

欲しかったこの指先ほどの穴の値段は一箇所¥2,800-。

そんな贅沢な穴もある。

「13mmの穴、開けましょうか?」

|

« ペイント・マジック・・・・・・・ | トップページ | 仕事の仕方・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
「ホームセンター教育講師の弁」
実感です!よ~く分ります。
あける方の材質(硬い、柔らかい)
によって、同じビットを使っても
穴の大きさが違ってきます(微妙に)
それを計算出来るのは、経験?
究極の技とも言えます。
ホームセンターでは、お客さんの
ニーズに答えて、セットなどの
商品があります(コンクリートにあける
ドリルビットとアンカープラグの事ですが)
チョット専門的に成りましたが・・・
ホームセンターの対応が進んで行くと
この「経験」は不必要になってこるかも?
お客様は神様です( ̄ー ̄)ニヤリ
   おじゃましました  ヒデ爺


投稿: ヒデ爺 | 2009年4月11日 (土) 09時32分

ヒデ爺さんへ

おはようございます。(一日遅れです)
貴重なコメントありがとうございました。
こんな話好きです。
他の工具でもやはり経験。
鋸にしても刃の厚みとか・・・・・。
ダボ切の鋸は手製です。
いろいろと工夫だけはしています。

「ホームセンターの対応」・・・・残念な事に物販全体なのですが販売員が素人化しています。
こちらの方が多くの情報を持っていたりします。
「痒いところに手が・・・・」期待出来ません。
でも、プロに会うと気持ちが良いです。
で、今度こちらにハンズが出来ます。出番かな?と思っていますが、年齢が邪魔をします。
年齢が経験を物語っているのですが・・・・・。
また、マニアックな話でスミマセン(;;;´Д`)ゝ

投稿: 羽川再生堂 | 2009年4月12日 (日) 07時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/29056902

この記事へのトラックバック一覧です: ドリルビット・・・・・・:

« ペイント・マジック・・・・・・・ | トップページ | 仕事の仕方・・・・・・ »