« 鯉のタケのぼり・・・・・・ | トップページ | 森をストーリーに・・・・・・・ »

2009年9月17日 (木)

支えられて・・・・・・・

 コンセプトワークからはじまった秋冬の演出計画。

先週末からの現場設営を終え、店内を豊かな秋の色に染めています。

Photo_9

  設営のパートナーはS工房を主宰するOさん。

Oさんとの付き合いは20数年。

銀座資生堂の芸術的なウインドウ演出を施工していた事で知られているG工房。

G工房はクリエーターのハードルの高いオーダーを形にする事で評価されていた。

Oさんはその仕事を学びたいとG工芸に入社。

十二分な経験をつんで帰福。

その経験を生かし、自ら工房を開く。

G工房との関係もあって、あのルイ・ヴュトンのウインドウも手がけていた。

その質もさる事ながら、女性ならではの細かい配慮と気遣いが現場を円滑にする。

『Oさんでなければ』とデザイナーや施工業者のファンも多い。

信頼のおけるパートナーに支えられての仕事です。

Photo_3

 

Photo_4

光る樹は私が担当。

実りのアレンジはOさん。

Photo_6

色は効果的です。

夏の色から秋の色に・・・・・・・。

ちょとしたVPのシステムを導入しています。

他店でもこの色、この素材が効果的に使われています。

Photo_8

5メートル以上もあるタワー。

高い場所での作業も慣れたもの。

タペストリーの取り付けもOさん。

Photo_2

紹介した2店の内装デザインはスーパーポテトで杉本貴志氏と活躍していた高取邦和氏です。

厳しい視線を背中に感じての仕事でもあります。


 

|

« 鯉のタケのぼり・・・・・・ | トップページ | 森をストーリーに・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/31402570

この記事へのトラックバック一覧です: 支えられて・・・・・・・:

« 鯉のタケのぼり・・・・・・ | トップページ | 森をストーリーに・・・・・・・ »