« 支えられて・・・・・・・ | トップページ | トラデスカンティア・シラモンターナ・・・・・・ »

2009年9月27日 (日)

森をストーリーに・・・・・・・

 ノープランだったこの連休。

結局は仕事場に通う。

人が休みの時に仕事をする。

余計な邪魔が入らない。

なかなか気持ちが良いものである。

決して負け惜しみなどではない。

決して・・・・・・・・。

今回の秋の演出の仕事では商品の提案もさせて頂いた。

Photo_11

仕入れだけでは他店と同じようなモノが並んでしまう。

プラーベート・ブランドが開発出来れば理想だが、そこはまだハードルが高すぎる。

出来る事・・・・・・・そんな事で私たちも秋のストーリーに沿って少しだが作品を製作。

Photo

演出のデザインでモチーフにした茸をスタンドに・・・・・・。
ストーリーを持つ事で見つけたモチーフ。

連れ合いも刺繍で参加。

「豊かな森」がストーリー。

栗、柿、紅葉・きのこ・・・・・・秋の森を彩るモチーフ。

Photo_2

栗をモチーフにした刺繍を施した巾着。

Photo_3

栗のリースは珍しい。 

ストーリーがあってのデザイン。

裏地にもこだわっている。

Photo_5

栗と紅葉をモチーフにした刺繍の巾着2点。

Photo_7

紅葉の刺繍をポイントにした小物入れ。

Photo_8

萩となでしこの刺繍を施した巾着。

Photo_10

萩の刺繍をポイントにした小物入れ。

Photo_9

桔梗とおみなえしの刺繍を施した巾着。

こちらも試行錯誤。

新しい試みにブレーキをかけぬように可能性を模索中。

興味のある方は『お仏壇のはせがわ』川端店へ。

館内にはいたるところに著名な作家の作品が並び美術館のようでもあります。

4階にあるプラチナの茶室も必見。

実際に茶会を開いています。

東京銀座店には金の茶室があるとの事です。

11月23日よりに開かれる、美術運動体「九つの音色」による「祈りの継承展」も見ものです。

思うよりハードルは高くありません。

気楽に店内を散策してみて下さい。

歓迎してくれると思います。

機会がありましたら是非・・・・・・・。

|

« 支えられて・・・・・・・ | トップページ | トラデスカンティア・シラモンターナ・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

茸・栗・紅葉・萩・桔梗・・・と
来れば、月見で・・・やはり!
夏休みを博多で過ごしてから二か月
もう、秋がめぐってきましたか。
ホークスタウンの欅並木の黄色の色付きも
観ている間ですね・・・
近況ですが、本年度は九州行あたり年?
先日、一泊二日で鹿児島(南九州市頴娃-エイ-町)へ
地名から行くと観光地ではありません
大阪で若くして(21歳)で亡くなった
頴娃町出身の後輩に先輩たち5名(皆、アラカン)が37年目の墓参り、そして
彼の母親に会うと言う、が、墓の場所も母親の消息も
判らないと言う、無謀なツアー
結果言います、会えました、墓ありました
それも、これも地元の温かい皆さんが、我が事の様に
探索してくれたおかげ(NHK-鶴瓶の家族に・・・
か、探偵ナイトスクープの世界(笑))で・・・
料理旅館「いせえび荘」(探索にご協力いただいので
この場をお借りしてコマーシャルを・・すみません)
年末に又、九州と・・・やはりあたり年(JRの高速千円に対抗する格安チケットも-全て新幹線)です。
長くなりましたが、頴娃町の皆さんとJRのご協力と言う訳。
別送でツアープラン書を・・・( ̄ー ̄)ニヤリ
                  ヒデ爺


投稿: ヒデ爺 | 2009年9月27日 (日) 18時08分

こんばんは!
川端...小学生の頃のとある思い出。
そして、商店街...
大人になってからも、よく通ったお店があります。
近いうちに、行きますね♪

投稿: Yumico | 2009年9月27日 (日) 20時22分

ヒデ爺さんへ

通りに並ぶ銀杏の木の下に黄色い実が道に溢れています。
溢れて・・・・・。
子供たちが遠巻きにして大きな声を上げています。
色はまだ夏の面影を残していますが、見上げた空は高いです。
旅に出るにはよい時期です。

まさに「探偵ナイトスクープ」。
ドキュメンタリーが出来そうな旅でしたネ。
皆さんの気持ちが嬉しい・・・・それが伝わったのだと思います。

高い秋の空・・・・私も旅に出てみたいです。

投稿: 羽川再生堂 | 2009年9月28日 (月) 07時18分

Yumicoさんへ

おはようございます。
ご無沙汰しています。
日田にも行ってみたいと思ってます。
この時期がタイミングかもしれません。

川端は博多らしい町で好きです。
天神とはまた違ったよさを感じています。

音二郎の像を確かめて通りに入ります。
「長崎紙店」を覗いて、「どさんこ」で金太夫さんの絵を観ながら特味噌ラーメン。
土地柄のファッションを扱うブテックの店先で目の保養。
もう一軒の紙屋さん「田中紙店」で手染めの和紙を漁ります。
お気に入りの和紙が少なくなってきています。
櫛田神社で手を合わて明日の事を願います・・・いつものコースです。
萬行寺から反対のコースもあります。

作品はそんなに沢山ありませんが、ついでの時にでも覗いてみて下さい。
店の8階には茶室があります。
庭も設えてあり、にじり口などもあり本格的です。
頼んだら見せてくれるかも知れません。
駄目もとで・・・・・・。


投稿: 羽川再生堂 | 2009年9月28日 (月) 07時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/31536530

この記事へのトラックバック一覧です: 森をストーリーに・・・・・・・:

« 支えられて・・・・・・・ | トップページ | トラデスカンティア・シラモンターナ・・・・・・ »