« トラデスカンティア・シラモンターナ・・・・・・ | トップページ | 製作中・・・・・・ »

2009年10月10日 (土)

デザインの検証・・・・・・・

 作品の創作も依頼されたデザインの仕事もそれなりのハードルをクリアして形になる。

特に依頼されたデザインの仕事はハードルの数も多く高さもある。

テーマ、効果、調和、予算、納期などなど・・・・・・・・・。

そんなハードルを越えるために、いくつかのデザインを提案し、検討してもらう事になる。

形になるのは検討され、磨かれた1案だけである。

当然その過程で整理されるデザインがある。

3案提案した場合は必然的に2案は整理される。

「良いとこ取り」という場合もあるが・・・・・・・・。

で、整理されたデザインは悪いデザインか?

たまたまその時の条件を満たさなかっただけの事。

情報の違いで理解されなかったデザイン・・・・・・そんな事もある。

予算のハードルを越えられなかったデザインもある。

整理されたデザインは潔く「ゴミ箱」に投げ込まれる事もあるが、大概は引き出しの中に整理され次の機会を待つ事になる。

40年も仕事をしていると、引き出しの中には相当のデザインがストックされている。

時々引き出しを開けては、風に当てて虫干しの必要もあるのだが、この引き出し老化が進んで少し開け難くなっている。

引き出しの中で熟成し、タイミングで形になるものもあるが、引き出しに仕舞われた理由も分からないまま忘れさられているデザインも沢山ある。

中には熟成を越して腐敗しているものもある。

今秋のプランでも形にならなかったデザインがいくつかある。

「ふくろう」をモチーフにした造形もその一つである。

紙には描かれたが、形としては何処にも存在しない。

頭の中に存在しているだけ。

良いも悪いも分からない。

勿論、デザインをした段階では「いける」と確信して提案している。

だが、その確証は何処にもない。

自分だけでもそのデザインの形を見たくなった。

その検証で得るものも沢山あると考えた。

そんな思いで作品として製作してみる事にした。

以下はその創作の過程。

Photo

作品としてのボリュームや詳細を検討する。

気になるディテールは実寸で型紙をおこしたりもするがあくまでも目安程度。

図面と呼ばれるようなものは無い。

あるところまできたら後は素材を直接加工して求めているものを探す。


Photo_2

素材を前に思考錯誤の結果。

素材は2.5mmと1.5mm径の真鍮のワイヤー。

強度の必要な部分はロウ付け、他はハンダ付け。

機能と効率を考えての事。

選ぶ形や線に理由は無い。

ただこれだと思う直感的な選択。

Photo_3

スケルトンなフレームに和紙を貼る。

その存在に変化が・・・・・・・・・。

和紙は下から、そして後から貼っていく・・・・・・正面から見た時の和紙の重なり具合を考えての事。

細かく分割された和紙は1.5mmのワイヤーの上で貼り合わされる。

張り方でも表情は変わる。

発見の楽しみはこちらの特権。

Photo_5

Photo_6

お気に入りは後姿。

フレームの段階でそれなりに想像出来るが、心地よい裏切りもある。

Photo_7

Photo_8

フレームの段階でここを想像する。

照明を入れて完成なのだが、途中出会った造形も作品として成立しなくもない。

結果、作品としては「これもあり」だが、今回のデザインとしては、製作にかかった時間を考えるとコスト面に大きな課題があったと納得する。

過程で得た収穫は多い。

 

 

|

« トラデスカンティア・シラモンターナ・・・・・・ | トップページ | 製作中・・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事

コメント

フクロウ(不苦労)
良いですね、この縁起担ぎ
私の携帯ストラップにもフクロウが
あやかりたくて!
そして、部屋の片隅に(壁のコーナ)
フクロウの信楽物が・・・
やっぱり、やかりたくて!
真鍮の骨に和紙を貼る接着剤は?
40年のストックで思ったんですが
デザインの世界(業界)には
流行(はやり)てな、あるんですか?
40年前のデザインが懐かしく蘇る(期待)・・・
質問で終わりますが、
この、灯りものシリーズ期待してます!
フクロウいい!(・∀・)イイ!(連れ相がサイズを?)
               ヒデ爺

投稿: ヒデ爺 | 2009年10月10日 (土) 18時00分

お久しぶりです。
可愛いですね。ランプ。

僕も試行錯誤の残骸が
次のアイデアの土になる
そんな気がします。

落ち葉が多いほどに
次の命のゆりかごになる

うちも落ち葉で一杯です。

投稿: 藤田 | 2009年10月11日 (日) 00時17分

ヒデ爺さんへ

先日の「きのこ」の作品でワイヤーの感覚を思い出しました。
久しぶりのワイヤーワークです。
「ふくろう」は依頼もあって以前に製作を試みようとした事がありましたが、今一つ気持ちが乗らないで製作に至りませんでした。
沢山の「ふくろう」を見てしまっていたからだと思います。
今回は何か気分が違っていました。

「デザインの流行」・・・・昨日、そんな話をしたところでした。
アールヌーボー、アールデコ、モダン、ポストモダン、ハイテック、ミニマム、ナチュラル・・・・・・振り返ると傾向はあったようです。
デザインにおいてはその時代の要求と言うか、好き嫌いは別にして有ると思います。
そして、何か繰り返している様にもみえます。

私の場合は自分の中での旬・・・・・「今作りたいモノ」。
楽しく製作している自分を想像します。
そして私も繰り返しています。

流行・・・・依頼された仕事では、当然の事としてその時の傾向とか空気は意識します。
ただ流行とかトレンドと言う捕らえ方は好きではありません。
心地よいものを探しています。
作品に関しては「流行」は関係ありません。

シリーズのスケッチはいくつか出来ているのですが、あれも作りたい、これも作りたい・・・と、困ったものです。
高さは30cm弱、そんなに大きなモノではありません。
暗闇で見る「ふくろう」は幻想的でもあります。
今は一人仕事場で楽しんでいます。

投稿: 羽川再生堂 | 2009年10月11日 (日) 08時50分

藤田さんへ

ご無沙汰しています。
コメントありがとうございました。
「可愛いモノが売れるんですよネ!」あるお店のバイヤーのコメント。
これが売れるかは問題ですが、「可愛い」と受け止めて頂けたら幸いです。

確かに試行錯誤はデザイン(芸)の肥やしですよネ。
その時は形にならなくっても、ある時間を経過して芽をふく・・・・・よくある事です。
お宅の落ち葉がどんな命を育んでいるのか楽しみですネ。

いつかどこかでお会い出来たらと思います。

投稿: 羽川再生堂 | 2009年10月11日 (日) 11時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/31705152

この記事へのトラックバック一覧です: デザインの検証・・・・・・・:

« トラデスカンティア・シラモンターナ・・・・・・ | トップページ | 製作中・・・・・・ »