« 「エコ・アート展」終了・・・・・・ | トップページ | PAUL SMITH'S COLLECTION・・・・・・ »

2010年4月24日 (土)

円形カッター・・・・・・

 仕事場での話。

木や金物、プラスチックなどに穴を開けるときはドリルや専用のホルソーを使う。

紙や布なのど柔らかい素材に穴を開けるには?

ドリルなどでは素材を巻き込んで加工が出来ない。

Photo

左から綴じ紐用の穴あけ機(穴もカスもシャープ)・右にポンチ各種、ネジ式でサイズが変えられるモノも・下段は円形カッター

小さい穴は「穴あけポンチ」と呼ばれる道具を使って加工。

2mmから15mmくらいまでのサイズを揃えているが、サイズの種類は限られている。

ほとんどがハトメやカシメ用の穴を開けるものでその大きさに合わせられている。

大きい円は自在の円形カッターを使って加工。

円形カッターはコンパスの先に鉛筆の代わりに刃が付いているような道具。

刃先は普通のカッターのようなものから円形の刃など用途によって揃えられている。

15mmから200mm(20cm)くらいの円が加工出来る。

ポンチはあくまでも穴を加工するもの。

硬い木を下敷きに、置いた布や紙にポンチを当てて金槌や木槌で上から叩いて穴を加工する。

穴は簡単に開く。

ポンチには開いた穴と同じ大きさの円形のカスが残る。

普通、カスは不必要とされ、何も無い穴が必要とされ機能する。

私の場合は穴を必要とすると同時に、この抜いた円形の残りカスを必要とする場合がある。

抜いた円形の紙を造形の装飾として貼ったりする。

また、紙ラベルなどを加工して,マスキングに使ったりもする。

ただ、金槌で叩いて加工するので、その断面は完璧とは言えない。

後に修正を必要とする。

Photo_2

抜いた円形を目の部分に貼って塗装・塗装が乾いたら円形を外す

Photo_3

円が抜かれたシートでマスキングを施し彩色

円形カッター、コンパスで円を描く要領で円形を簡単に加工出来る・・・・・・これが以外に難しい。

素材によっては刃先にかなりの力を加えなければいけない。

止めたつもりの軸が微妙にずれて正確な円形が出来ない事がある。

紙もマスキングテープやドラフテイングテープでしっかりと止めておく必要がある。

大きな円は注意をして加工すればそれなりに正確な円は加工出来るが、ポンチに無い微妙なサイズの小さい円を加工するのは至難の業である。

私の仕事にはこの微妙なサイズの円形をよく必要とする。

「どうしたら正確な円形が加工出来るか?」

「木工や金工の自在鋸同様にボール盤に取り付けて使う」・・・・・簡単な発想だが今まで考えた事もなかった。

思いついたら、即実行。

Photo_4

Photo_5

紙や布用の円形カッターをボール盤のチャックに取り付ける。

軸は樹脂なので締め付けには注意が必要。

シナベニヤに紙シールをテープで止めたものをボール盤のテーブルに置く。

ボール盤のスイッチを要れ、ゆっくりとハンドルを回す。

シールにカッターの刃が当たる。

紙の厚さ分だけハンドルを回す。

刃は音も無くシールを切り込む。

実にスムーズに円形がカット出来た。

なんで今まで気づかなかったか?

また新しい発見。

「紙や布もボール盤でカット!」

これ私の常識になりました。

ちなみに「穴あけポンチ」をボール盤にセットして使ったら?・・・・・・・期待するモノは出来ません。

念の為。

|

« 「エコ・アート展」終了・・・・・・ | トップページ | PAUL SMITH'S COLLECTION・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/34361400

この記事へのトラックバック一覧です: 円形カッター・・・・・・:

« 「エコ・アート展」終了・・・・・・ | トップページ | PAUL SMITH'S COLLECTION・・・・・・ »