« 賑やかな仕事場・・・・・・・ | トップページ | 新たな船出・・・・・・・・ »

2010年5月25日 (火)

直角・・・・・・・

 仕事場は相も変わらず散乱している。

Photo

オートマタの制作にはまっている。

正確な加工が要求されるオートマタの製作。

少しでも寸法が違えばスムーズな動きは期待出来ない。

直角・・・・・昔こんな名前の少年を主人公にした漫画があった。

曲がった事が嫌いな少年の時代劇だったと記憶している。

「素材を直角にカットする」・・・・・・・簡単そうだが私には難しい。

大きい部材を正確に加工する機械は多くあるようだ。

私が作るオートマタは、小さな部材の加工が多い。

大きい機械では寸法も出しにくく、危険も大きい。

海外では専門家やマニアも多く、小さな部材を加工する専門的な工具や機械を扱っているメーカーがある。

痒いところに手が届くような工具や機械が揃ってる。

日本のメーカーでの取り扱いは少ない。

そんな少ない工具や治具を使って、正確な加工を心がけている。

それでも狂いは出る。

Photo

ドリルの刃は年輪の硬い部分を避けて、柔らかい方へと逃げる。

印した中心から微妙にずれる。

市販されている材料の不正確な加工も影響。

直角に開けられるはずの穴が斜めになっている。

Photo

信頼していたテーブルソー。

カットされた板の厚みの部分に定規をあてる。

かすかな空間。

直角にカットされていない。

刃が直角にセットされていない。

モーター自体の取り付けが狂っているので、調整は不可能。

このテーブルソーではそれほどの正確性を重視していないのか?

Photo_5

「市販されている電動工具が正確などと信頼してはいけない!!」

疑ってみる・・・・・・・・。

Photo_3

角度切りの治具。

鋸を入れる溝の幅で狂いが出る。

これは技術の問題。

素材の質やくせ、正確だと信頼していた工具の微妙な狂い・・・・・・・・。

正確に加工する難しさを痛感する。

治具や電動工具を使わずに鋸一つで正確な加工をする職人さんを知っている。

師を持たない私。

我流が災いする。

腕の未熟さを工具や治具に頼っている。

使いこなす腕に問題がある事は十重承知。

作業効率などと誤魔化している。

Photo_4

                  こんな角度切りのソウも・・・・・・・

電動工具や治具に頼り過ぎてはいけないと・・・・・・・・。

結論は出ている。

今更だが、腕を磨けばよい。

見たい形に引っ張られて、素材や工具と折り合いをつけながら時間をかける毎日。

|

« 賑やかな仕事場・・・・・・・ | トップページ | 新たな船出・・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

は~確かに難しい・・・
私も同じ疑問を・・・昔
大工の親方に問うた事思いだしました
今は、和室の造作も材料はパーツ?
道具も店主がおっしゃる新鋭物?
が一、二昔は、材料もウデも生(表現、むずかしい)
特に、床の間、床柱(丸)と床框(角)のジョイント
これは見事、隙なく密着してる!!!
親方(60代)に“どうしたら?”問う
“頭の中で考える(イメージ)材料の中でノコの先が
どう、動いてるかを、そうすれば集中でき            
腕が自然と動く”と、・・・
今、考えれば究極の答えかと・・・
磨く腕を持たれている店主に期待!( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: ヒデ爺 | 2010年5月25日 (火) 08時01分

ヒデ爺さんへ

先日も家の近くで建替え。
昔と聞こえてくる音が違います。
まずはコンパネを切る電動丸ノコの音。
そして、インパクト・ドライバーの音・・・・私もお世話にはなっているのですが、「何か違う」と思う私がいます。
「ノコの先が材料の中でどう動いているか」・・・・・深いです。
焦らないようにしています。
丁寧に丁寧に、ちやんと考えながらヤル!!
今出来る事はこんなところです。
作品は面白くなってます。

投稿: 羽川再生堂 | 2010年5月25日 (火) 20時08分

羽川さん

こんばんは。
確かに、木材の加工は微妙ですよね。
直角、留め切り、垂直に穴をあける・・・。
僕もその様な仕事に携わっているのでよく分かります。
大型の機械を扱っていますが、目盛や定規は丸っきり
信用していません
現物を切って垂直・水平を確認しています。
スコヤさえも信用していませんから(笑)

僕も以前、ある年配の方に「ドウツキ一発か?」と聞かれた
事があります。
「ドウツキ一発ってなんですか?」
「手鋸でホゾを切って、胴付きがぴったりくっついたか
ということだっ」
「そんなの直ぐに出来るわけないでしょう」
「それ位にならなきゃ仕事にならんだろう(笑)」
「・・・・・・。」

今でもこの言葉は覚えています。胴付き一発!
目指しているわけではないのですが
最近ようやくある程度真っ直ぐに鋸が引けるように
なってきたかなぁなんて思っています。
ずっとやってるとだんだんと。ですね(笑)

投稿: N・Y | 2010年5月27日 (木) 01時19分

N・Yさんへ

コメントありがとうございます。
昔の建築現場は面白かったですネ。
今はほとんどの材料が工場で加工されてきますが、昔は現場でカンナかけからトメやホゾの加工・・・・・道具をたくみに使って加工していましたネ。
墨壷と竹ペン?を使っての墨付けも好きでした。
糸をつまんで、パチン!
曲線も糸を微妙に操って、パチ~ン!
長い時間、職人さん達の仕事を見ていた事を覚えています。
胴付き一発!・・・・そんな匠が沢山居られたんだと思います。
継続は力なり・・・・続ける事ですネ。
機会がありましたら、お仕事見せて下さい。

投稿: 羽川再生堂 | 2010年5月27日 (木) 08時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/34783114

この記事へのトラックバック一覧です: 直角・・・・・・・:

« 賑やかな仕事場・・・・・・・ | トップページ | 新たな船出・・・・・・・・ »