« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月29日 (水)

ありがとうございました・・・・・・

 振り返ってみると、2月のエコロの森での企画展をスタートに個展、グループ展など展示会を中心に活動した1年でした。

20年間の創作活動を観て頂いた節目になった年でもありました。

何時もの事ですが、友人知人に支えられての事です。

年を越してしまう計画もありますが、新しい目標に向かう元気も頂ました。

本当にありがとうございました。

ブログに遊びに来て頂いた皆さん、稚拙な内容と文章にお付き合い頂きありがとうございました。

後半は失速しましたが、マイペースで続けて行きたいと思っています。

今年最後の更新は新作の紹介で終わりたいと思います。

作り収めの作品です。

Photo 

洗濯挟みを動力にした小さなオートマタのシリーズ(シリーズにする予定)。

気の早い事に再来年の干支をモチーフにしたものです。

全長15センチほどの大きさです。

掌に乗ります。

何処でも遊べます。

模型の飛行機を持って部屋の中を走り回る子供のように遊びます。

龍は水の神だと言われています。

七福神を乗せる船は龍をモチーフにしています。

沢山の福が訪れますようにと願いながら指を動かしたいと思います。

SMALL DRAGON・・・・・動画もUPしました。

「飛行の記憶」「SAVANNA」などもUPしています。

楽しんで頂ければと思います。

皆様にとって2011年が素晴らしい年でありますよう心よりお祈り申し上げます。

来年も宜しくお願い致します。

2010年12月29日

羽川再生堂 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日 (土)

ステップアップ・・・・・・・

 10月の後半からいくつかの作品を平行して製作している。

月の半分ほどははパーツの製作で明け暮れる。

切断、成形、研磨・・・・・・・・この時期はひたすら我慢の時。

ある時期になると、突然形を見せ始める。

蒔いていた種が芽を出す瞬間にも似ている。

パーツを組み立て、細部の仕上げ。

この時は時間を忘れる。

調整にも時間がかかる。

思わぬ発見もあるが、落とし穴もある。

引き返す事も必要。

そんな繰り返し。

今回は撮影で完成と言う作品もあった。

お見せ出来る作品を一つ。

’08に製作したSAM & Jのシリーズから今回新たに製作した手動のオートマタを・・・・・・。

Photo

手回しです。

レコード盤の上で踊ります。

今回、YouTubeにも作品を投稿しました。

上のSAM洗濯ハサミ鳥の2点です。

動画は夏の展示会の時に相談にのって頂いた上に「よかったら使って下さい」とslowplusのyukiさんから頂いたビデオカメラで撮影。

yukiさん、遅くなりました。

その節はありがとうございました。

重たくなったPCを少し整理してソフトをインストールしました。

8月から撮影した分をやっとPCにバックアップしました。

大事に使いこなしていきたいと思います。

まだ、編集などは出来てませんが、追々勉強していくつもりです。

ちょっとステップアップです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月 1日 (水)

アカンサス・・・・・・・・

 今日から12月。

何故かまだあの夏の暑さの記憶を引きずっている。

色づいた葉が公園の砂場を染めていると言うのに・・・・・・・・・。

寒い季節に困惑している。

少し長い展示を終えて作品が仕事場に戻って来た。

多少に関わらず、街の何処かに自分の作品が展示してあると思うと何故か安心する。

展示していた作品のいくつかは処を変えて、家庭やオフィスの一角に心地よい場所を見つけて収まっているはず・・・・・・・・・・。

強い要望があって手放した「アカンサス」という作品。

小学生になるお子さんが気に入って購入されたと聞く。

7体の人形で構成されていたが、希望の体数とオブジェのセットでお譲りした。

新しい場所で機能してくれたらそれ以上の事はない。

Photo_2

残った人形は新しい物語を創って再構築しようと思っている。

不思議な事に、それとは知らずに何故か数日前から人形を製作していた。

顔が1cm強の小さな人形から全長20cmほどの人形など・・・・・・手の感触を楽しみながらの製作。

全長20cmの人形は衣装の製作を待っている。

上の作品は衣装も自分が製作したが、今回は連れ合いに任せる。

ベランダの向こうに見える桜の木が枝だけになる頃には仕上がる予定。

今年も残すところ1ヶ月・・・・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »