« 兎の童子・・・・・・・・ | トップページ | 天翔け昇る・・・・・・・ »

2011年1月28日 (金)

雲を彫る・・・・・・・

 次の仕事が決まる前にと、休日を返上して新作に手をつけた。

デザインした「雲の造形」の素材に迷ったが、年の始めに観たお寺の木造彫刻が気になっていた。

手持ちの木材を削ってみる事にした。

随分前になるが「球根都市」という作品で木を削って球根を製作した事がある。

45cmほどの木のブロックをチェンソーを使って荒彫り。

3種類ほどの鑿を使って彫り上げ,紙ヤスリで仕上げた。

終わる頃には鑿を持つ左手の親指の付け根が赤く腫れていた。

右手に持った金槌の仕業。

慣れない作業で鑿の柄を打つよりか、親指の付け根を打っていたほうが多かったかもしれない。

経験はその程度。

「コツコツやれば出来ない事は無い!」・・・・・何時もの乱暴なヤル気が勝つ。

大きな作品ではないので道具はシンプル。

切り出し小刀に簡単な彫刻刀。

切り出し小刀は大中小を使い分けた。

大きな切り出しは人吉は正光刃物製作所の蓑田正次氏によるもの。

木の目に逆らわなければ切り出し小刀は自由な削り跡を残す。

Photo

今回は削り跡を表情として残したかった。

黙々と削りすすめる。

彫る事もあるが、削るが相応しい。

削りカスが作業用のエプロンにたまる。

払ったつもりだが、削りカスは玄関先まで運ばれている。

形が見えてくる。

Photo_2

彫刻刀を持ち替えてディテールを探す。

そんな繰り返しが2日間ほど・・・・・・・・。

Photo_3

朝日の中に雲が浮かぶ。

雲の中には仕掛けを仕込む予定。

仕上がりは・・・・・・・・・・・・・。

※動画 「綱渡り・ROPEDANCING」をUPしました。動画は16作品になりました。宜しかったら観てみて下さい。

|

« 兎の童子・・・・・・・・ | トップページ | 天翔け昇る・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/38626040

この記事へのトラックバック一覧です: 雲を彫る・・・・・・・:

« 兎の童子・・・・・・・・ | トップページ | 天翔け昇る・・・・・・・ »