« 2・14・・・・・・・ | トップページ | LED・・・・・・・ »

2011年2月19日 (土)

第3の手・・・・・・・・

 リアルに手がもう一本・・・・・いやもう2本くらい欲しいと思う。

正月に観た観音様が羨ましかった。

少し専門的な話。

鉄、胴、真鍮の3種の針金を使っての造形。

針金の接合には二つの接合方法を用いてる。

ハンダ付けとロウ付け。

ハンダ付けは錫と鉛を合わせたハンダと呼ばれる材料を、熱したコテで溶かして母材を接合。

作業温度は350°~400°位。

ロウ付けは銀ロウ、銅ロウと呼ばれる材料をバーナーで溶かして母材を溶接する方法。

配合で融点の違うロウが用意されているが、ロウ付けの作業温度は750°~900°。

真鍮や銅の熱伝導率は高い。

ハンダ付けは効率もあるので素材を素手で押さえて作業する。

接合箇所を確認。

利き手の作業。

熱くなったコテ先でハンダを溶かし取る。

フラックス(融材)を塗った接合箇所に当てる。

フラックスが煙となって消える。

煙が立ち上がるのと同時にに押さえた指先に熱が伝わる。

ここは我慢だが、後から手が出て代わってくれたらと思う。

第3の手が・・・・・・・・。

ハンダが冷えて色が変わるのを確認して指を離す。

このタイミングがずれると、作業ははじめからやり直し。

火傷は日常茶飯事。

ロウ付けは素手でといかなない。

利き手にはバーナー、もう一方の手にはロウを持つので両手がふさがる。

バーナーの炎先は1200°~1700°にもなる。

Photo

そこで登場するのがこの道具。

ユンバーサルジョイントにクリップやピンセットが付いている。

年季が入っている。

焼けて酸化する。

クリップやピンセットは何度か交換している。

このクリップに素材を挟み、任意の場所にセッテイングする。

Photo_3

角度の調整があったりして結構大変な作業。

バーナーで接合箇所を熱する。

こもにもフラックス。

微妙にフラックスを塗った箇所の表情が変わる。

ロウを流すタイミング。

ロウの細い棒を素材に近づける。

ロウが溶けて、素材に絡みつく・・・・・・・・・・タイミングが悪いと接合箇所が焼けて接合不能になる。

タイミングが重要。

この作業が接合箇所分。

ハンダ付け、ロウ付け・・・・・・作業温度の差が溶接強度の差にもなっている。

作業は強度を重視した作業温度の高いロウ付けが先。

その後、ハンダを使ってディテールを表現していく。

その作業順序を間違えると、ハンダの箇所が全て外れてしまう。

1作品、200~400以上になる接合箇所を順番を考えながらの作業。

やはり手が欲しい。

手に勝るものは無いと思っている。

それも熱さに耐える手があれば最高・・・・・・・・・・・・・・・フラックスで荒れた手を見ながら出来ない思いを強くしている。

|

« 2・14・・・・・・・ | トップページ | LED・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

職人さんは道具作りからと・・・
ふ~む
流石の道具
たぶん、人間の動作には限度があると
その、未知の動きは頭の中で・・・
結果、出来上がったのが自分だけの道具!!
私なりに解釈。

投稿: ヒデ爺 | 2011年2月19日 (土) 08時05分

ヒデ爺さんへ

言葉が少なくて申し訳ありません。
第3の手の器具は既製品をベースにしています。
それを自分なりに使いやすい様にしているだけです。
大体が自分が困っていると同じ様な問題を抱えている人が居るものです。
問題を抱えた先人の努力と知恵が作りだしたモノです。
先人に感謝!

投稿: 羽川再生堂 | 2011年2月20日 (日) 09時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/38835775

この記事へのトラックバック一覧です: 第3の手・・・・・・・・:

« 2・14・・・・・・・ | トップページ | LED・・・・・・・ »