« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月 5日 (土)

試し貼り・・・・・・・・

 製作中の作品の話。

順序としては、全ての金物フレームを製作してから仕上げの和紙を貼ろうと考えていた。

頭の中では段取りのよい作業がイメージされていた。

ここまでは順調。

「仕上げのイメージを確認しておいた方が良いのでは?」

半分ほど出来上がったフレームを見てふと思った。

この直感的な思いが結構大事だったりする。

フレームの造形はそれだけでもインパクトがあるが、和紙を貼った仕上げとは違う。

手掛けてきた作品で大方は想像出来るが、細部までは分からない。

今回製作しているモチーフはこれまで手掛けた事の無いもの。

数を製作してから「これは違う」では洒落にならない。

確認・・・・・・・この一手間は怠れない。

針金との格闘に一息入れるのにも良いかと思った。

2点選んで試し貼り。

Photo

針金ならではの思わぬ新鮮なディティールの発見。

やはりフレームだけで想像出来ない造形。

想像を軽く超えてくるリアル。

しかし手強い。

収まりの悪い箇所。

順番を間違えると貼れない部分が出てくる。

針金の造形を生かす為に選んだ薄手の和紙は接着剤の分量に要注意。

いろいろな情報が得られる。

一つの作品に掛る時間も読めた。

3分の2ほど貼ったところで仕上がりのイメージは確認出来た。

問題点も理解出来た。

1日かかった試し貼り。

水に浸して丁寧に剥がす。

フレームは修正を加え、本貼りの作業に備える。

ここでの確認は正解だった。

少し慣れた時間に緊張感を取り戻してくれた。

1

モチーフ繋がりで15年前に福岡は天神の百貨店のウインドウを飾った「夏の音」の動画をUPしました。

茶漉しの目、スプーン、シンクのパーツ、木製のサラダボールを加工した羽・・・・・・・再生堂の仕事です。

ウッド(W)タイプスティール(S)タイプの2種あります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月 1日 (火)

LED・・・・・・・

 今日から3月。

博多駅方面が騒がしい。

ハンズの出店は嬉しいが、暫くは近づくのを避けようと思っている・・・・・・・・・・・・。

製作も中盤。

夕方になると手が強張って動きが鈍くなる。

そこそこの量の針金を曲げてきた。

途中チェックも無事通過。

最終的には5種16点ほどのオブジェを製作。

中の1点には照明を入れたいとの希望。

オブジェの形状やメンテナンス、経済効果を考えて、デザイナーT氏からLEDの照明を使ってみてはの提案。

T氏がサンプルを取り寄せてくれた。

Photo

LEDのテープライト。

Photo

幅10㎜、厚さ2mmのテープに2cmピッチで取り付けられたLEDは曲線も自在。

ハサミで切断が可能。

適当な分量が調整出来る。

繋げての使用も可能。

妨滴加工で両面テープで何処へでも接着可能。

コントローラーで点滅も可能。

消費電力も少ない。

良いとこ尽くめである。

が、今回の作品には如何ななものか?

少し不安も感じたが物は試し。

サンプルは長さ30cm。

製作途中のオブジェにセット。

その効果を試してみた。

薄い和紙では、光源が強すぎて、テープに沿ったラインが出て、意図とする効果は得られなかった。

和紙の厚みを変えてみた。

効果を考えてシワの加工を施した少し厚手のもの。

拡散し和紙を通す光は白熱灯のそれとほとんど変わらない。

白熱灯の光は今も好きだが、その熱量が何時も悩の種だった。

LDEはいろいろな問題を解決してくれそうだ。

その寿命や安全性を考えれば価格もそれほど問題は無い。

正直な話、白熱灯に慣れ親しんだ私、LEDには少し抵抗も感じていた。

それは思い込み、硬い頭での思考かと反省。

白熱灯のそれはそれとして、新しい光源の可能性も試したいと思った次第。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »