« ありがとうございました・・・・・・・ | トップページ | 夕日に・・・・・・ »

2011年8月30日 (火)

卓上丸鋸盤・・・・・・・

 久し振りの工具ネタ。

少し集中力を欠いている。

展時会の後遺症か、やりかけた作業につまずく。

少し気分を変えようと周りを見渡した。

先日男4人で喧々諤々熱を帯びた意見を交換したプロクソンのテーブルソウ〈卓上丸鋸盤)が目に入った。

正確な角度で木材を切断出来るかと思って購入したテーブルソウ。

残念な事に取り付けられた円形の鋸が直角で無い。

当然、切断された木材の切り口は直角を保っていない。

それでも治具などを工夫して何とか使いこなして来た。

Photo

                   丸鋸と定規の間に隙間

鋸は一方方向には角度が変えられるのだが、ゲージを当て、あと少しで直角になると言う所でガイドに当たってびくともしない。

残念な事に当てたゲージに隙間が生じ光が漏れる。

ガイドを削ったり、分解を試みたが解決は出来なかった。

熱を帯びた男4人の知恵出し、意見交換も結論には至らなかった。

半ば諦めていたが、「組み立てたのだから分解も出来るはず!」「直せない事は無い!」・・・・・・何故か今日はそんな強い意志が働いた。

仕事の手を休めて、その気持ちが萎えないうちに作業に取り掛かった。

まずは本体をよく観察した。

樹脂製のボックス、モーター、鋸歯、アルミの天板、鋸の角度を調整するガイドとツマミ、鋸のスピードを変える基盤、出し入れ出来る素材ガイド用支柱など、構成しているパーツはシンプル。

横にある点検用の蓋を開け、中も詳細に観察。

前回分解した時は、天板を外せば解決の糸口は見つけられると思っていた。

見えているビスを緩めたが、天板を外す事は出来なかった。

この事で私の頭の中は???????で埋め尽くされた。

組み立ての順序が見えない。

少し冷静さも欠いていた。

その時は鋸に角度を付けるアルミ製の角度調整用の溝を削ったに止まった。

今回は「絶対に直す」・・・・強い意志が見方。

勿論分解図など在るはずも無く、現物をつぶさに観察しつつ組み立ての順序に思いを巡らした。

前回もそうだった様に、モーターの奥にある天板を止めているビスをどう外すか?

その場所にはどんなドライバーを持っても外す事は不可能と思った。

Photo_4

    中央がモーター、左の型抜きの様なものがアルミ製の角度調整用プレート

前回は気づかなかったモノが見えて来た。

天板と角度調整用のアルミのプレートがビスで止まっている。

外そうと思っていたモーターの奥にあるビスも同じ様に止まっているのでは?

天板、モーター、ガイド用プレートは一体になっているのでは?

て、事は・・・・・・・・・。

樹脂製のボックスに止まっている四箇所のビスを外せば天板に付いたモーター、ガイド用プレートが一緒に取り外せるのでは?

その順序に従ってみた・・・・・・・・正解だった。

外そうと思案していた内部のビスは外す必要が無かった。

ビスを全て外せば・・・・・・・思い込みであった。

この思い込みが正しい方向への思考にブレーキをかけていた。

角度の工夫を必要としたが、天板、モーター、角度調整用プ レートが一体になったモノを取り出す事が出来た。

Photo_2

   黄緑色の角度調整用プレートと天板とモーターはビスで止められている

前回も同じように天板のビスを外したが、モーターや角度調整用プレートが一体になっているとは思っていなかった為、取り出せなかった。

ここを削れば調整出来ると思われる箇所をヤスリで削った。

強度や可動には問題が無いところだと判断したので、少し多めに削った。

慎重に元に戻した。

Photo_3

                 丸鋸と定規の間に隙間が無い

直角のガイドを当て、角度を調整。

丸鋸は直角のガイドに沿ってピタッと収まった。

2時間ほどの作業だったが、大きな仕事を終えたほどの満足感が広がった。

この作業は直角と言う正確な角度を手にしただけでは無く、これからの作品の質やアイディアなどにも大きな可能性を提供してくれるはず?・・・・・・・・・・・と思った。

教訓:思い込みはいけません!!!

マニアックな話しで失礼しました。

|

« ありがとうございました・・・・・・・ | トップページ | 夕日に・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

これかなりマニアックな話ですよね。(笑)
たぶん、理解出来る人が3〜4人くらいしか居ないんじゃないでしょうか(笑)。

私も天板を外すときは悩みました。
つい、見えてるところのビスをはずせば、と思いますよね。
しかし、これはちょっとまずい製品ですね。交換対象品です。
ワタシのは、とりあえず直角は出てますので、個体差でしょうか。

機械加工の基本は直角と並行ですよね。
ワタシは並行に切る時のアルミガイドが奥のビスを締めると、少しずれるのが気になります。鋸の刃がぶれる原因です。
小さなパーツを切るときは、木片を動かさずに、鋸を上げながら切っています。

マニアックな話が尽きなくなりますので、この辺で。(笑)

秋ですね〜。

投稿: ハララ | 2011年8月31日 (水) 08時36分

ハララさんへ

コメントありがとうございます。
私も4~5人の方に分かって頂いたら有り難いと思ってました(笑)。
ハララさんにコメントして頂いただけで最高です。
確かにガイドの黒いツマミを少しきつく回すと折角合わした平行が「キュ!」てな感じで少しずれますよネ。
私は治具を製作しました。
また、アルミのガイドにはアルミのチャネンルを加工して高さを出しました。
素材がキックバックで飛ばないようにガイドをクリップで止めたり出来る様にです・・・・・・やはりこの話は長くなりそうです。
少し冷ややかな視線も感じてます。
糸鋸の刃や接着剤についても話をしたいと思ってましたが、続きは今度お会いした時と言う事に・・・・・。

投稿: 羽川再生堂 | 2011年9月 1日 (木) 07時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/41374781

この記事へのトラックバック一覧です: 卓上丸鋸盤・・・・・・・:

« ありがとうございました・・・・・・・ | トップページ | 夕日に・・・・・・ »