« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

A CLOTHESPIN・・・・・・

 A CLOTHESPIN・・・・・・・洒落て言ってみたが洗濯バサミの事。

「挟む」のイメージからCLIPと言う単語をイメージしていた。

一つ勉強した。

はまり込むと抜け出れない性格。

前回の「DANCING BULL」の製作過程で新たな着想を得た。

頭で考えていても解決しない事がある。

無駄を恐れずに前に進んでみる事だと再確認した。

自作のオートマタの中でカムを使って意図とする動きを得ている作品が何点かある。

カムを使う事で安定した動きと視覚的インパクトを得る事が出来る。

それはオートマタの魅力でもある。

洗濯バサミにこだわって、あえてそれを無視して動きだけを捉えてみた。

あれも出来る!これも出来る!・・・・・・・遠慮の無い閃き。

比較的新しい作品「テリア犬と蝶々」のテリア犬の動きを試してみた。

Photo

Photo_2

一回でここに行き着いた訳では無い。

いろいろと試行錯誤を重ねた結果ここに着地。

仕掛けはシンプル。

シンプルゆえの難しさもある。

洗濯バサミに直径3mmの竹棒が2cmほど付いているだけ。

その竹棒がテリア犬のお腹を跳ね上げる。

慣性の原理で頭部が動き、吠える。

前足の動きはお馴染みテグスの仕事。

「イイ仕事シテマスネ~」なのである。

洗濯バサミを開閉すると、胴体、頭部、前足の3ヶ所が動く。

子供の力も考えて、DANCING BULL同様に洗濯バサミの下部に補助のパーツをつける。

パーツは大きい方が力は入れやすいのだが、それは全体のバランスを考えて・・・・・・。

後は指加減や腕加減で好きなストーリーで動かす。

話かけて来た連れ合いに振り返って「ワン!ワン!」とやる。

最近は人の言葉を話す犬も居ると聞く。

話にくい事を犬に代弁させる。

「小遣いを上げて下さい!ワン!ワン!」などと・・・・・・・・・・。

枠に収まったオートマタとはまた違った遊び方が出来る。

これをオートマタと呼ぶかは別問題。

動きはYouTubeでご確認下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月20日 (火)

洗濯バサミ・・・・・・・・

 迷走する台風が気がかりだが、連休も変わらず仕事場へ。

洗濯には生憎の天気だが、「洗濯バサミ」繋がりの話。

Photo_3

晴れ渡った青空にはためくTシャツやタオル・・・・・・・・。

風に飛ばされない様に「洗濯バサミ」がそれを防いでいる。

素材は好みや実用性で選ばれる。

私はこの木製の「洗濯バサミ」が気に入っている。

Photo

本来の使われ方とは違うが、そのシンプルな機構の可能性を感じて製作したオートマタ。

オートマタと言うには少しはばかれるが、ここは愛嬌。

今も相変わらずその可能性を模索している。

そんな中で、「洗濯ハサミ鳥」、「ハートバード」、「スモールドラゴン」などをヒントに作品を制作して下さった方々が居る。

お一人は西宮にお住まいのHさん。

中学校で教鞭を執られている。

ハートバード・プロジェクトにもご協力頂いた。

「ものづくり委員会」というグループを立ち上げて、情報交流、実技実践を通じてカラクリや木工の楽しさを伝承しいる。

Photo_5

 

Photo_6

試作を繰り返され完成させた「どらごん太郎」。

ネーミングは洲本の太郎池に伝わる龍神伝説からと推測している。

顔に使われた洗濯ばさみも納得。(動画

もうお一方は糟屋郡宇美町で木のおもちゃ屋さんを営んでおられるNさん。

仕事の資料を探していて巡り合ったホームページで作品を知った。

「ハートバード」の新聞記事をヒントに作品を製作されたと言う。

Nさんの研究日誌なるコーナーでは、ほのぼのとした日常の出来事に加え既存の玩具などを読み解いている。

その成果か、作られた「洗濯バサミ」を使ったドラゴンは身近な素材を加工している。

Photo_2

Photo

洗濯バサミに付けられたストロー製のドラゴンは針金を使った簡単な仕掛けで羽ばたく。

何か親しみやすい懐かしさを感じた。

製作の動機が私の作品にあったとしたら嬉しい限り。

それぞれ個性もあって面白い。

これからもいろいろと製作して驚かせてくれたらと思っている。

私も他の作家の作品にヒントを得る事も多々ある。

YouTubeの私のチャンネルにも登録されているグァテマラ共和国のrloumaさん。

先日送られて来た新作動画の案内。

「タップダンス」の動きはシンプルな機素をもとにしている。

「洗濯バサミ」の新たな可能性が閃いた。

オリジナルの牛をモチーフに試作した。

礼儀は一つ。

先人に失礼の無いように!

Photo_2

安定した動力を得る為に「洗濯バサミ」に補助材をつけた。

タイトルは「DANCING-BULL」。

「踊る-雄牛」。

Photo_3

「洗濯バサミ」の開閉で牛が回転したり、後ろ足を跳ね上げたりと踊ります。

アメリカ西部のバーにある「ロディオ遊具」のような動きをします。

動きは遊び手の技術でいろいろと変化します。

動画でもお楽しみ下さい。

先人に失礼が無いように、試行を重ねたいと思っている。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

情報雑誌「ぴあ」 最終号・・・・・・・・

 少し前の話。

情報雑誌「ぴあ」が8/4.18の合併号を持って39年の歴史に幕を引いた。

創刊当時、「ぴあ」は地方の書店に並ぶ事はなかった。

数は少ないが並ぶようになったのは数年後の事だったと記憶している。

当時、私は会社勤めをしており、東京出張の折、情報源として何かとお世話になった。

が、何よりも私に「ピア」を手に取らせたのはその表紙だった。

及川正通が描く表紙のイラストレーションはディズニーのファンタジーに加え大人の悪戯心に満ちていた。

お馴染みの及川正通のイラストレーションによる表紙は1975年9月から。

記念すべく1号の表紙を飾ったのは「フレンチコネクション 2」のジーン・ハックマン。

炎から跳び出る若き日のハックマンが描かれている。

「ぴあ」の歴史は39年間、その大半を占める36年間に及川正通が手掛けた表紙のイラストは1300点に及ぶ。

Photo

               オマケの付いた予約販売で購入

最終号の表紙は中央に1981年3/27号の表紙、スティービー・ワンダーに1号のハックマンや山口百々恵などを配している。

 

Photo

及川正通が表紙を担当したのは1975年から今までの36年間。

ここに担当した期間の中間になる1993年、18年前に及川正通を特集した「イラストレーション」と言う雑誌がある。

ここでも同じスティービー・ワンダーが表紙を飾っている。

「閃きの発想から生まれる架空のドラマと遊び心」・・・・・ハーモニカをショートケーキに持ち変えた発想は氏もお気に入り。

閃きが最初に上手く定着出来た作品だと自ら語る。

思い入れのある作品だと理解出来る。

遊び心に溢れた氏のイラストレーションが見れなくなるのは残念だが、最終号は及川正通の作品を余すところなく紹介している。

描かれたアーティストのコメントなども面白く、充実した内容。

保存の1冊である。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

秋の空に・・・・・・・・

9.11

3.11

忘れてはいけない事がある。

胸にしっかりと刻んで今日を生きて行く。

Photo_3

          記事の作品ではありませんが、秋の空に置いてみました。

 三越での催事を観て下さっての問い合わせや注文。

ハートバードの製作に一区切りつけて注文の作品を一つ。

電話のやりとりでデザインは任せて頂いた。

先週のはじめに仕上がった。

連絡を入れると2日後に、少し距離のあるお住まいからわざわざ取りに来て下さった。

「歳を重ねると感激する事が少なくなって・・・・・・・・」

「その日は気持ちが高ぶってなかなか眠れませんでした・・・・・・・」

「感激しました・・・・・・」

作品の感想と催事にお出下さった日の事を聞かせて頂きました。

元気になる・・・・・・・・・・

その気になる・・・・・・・・

ヤル気になる・・・・・・・・

様々な「気」を頂いた過分な言葉。

連れ合いへの報告は少し声が張り気味でした。

そんな風に感じて下さる方が居られる事を大事にしたいと思いました。

これも胸に刻んで前に一歩。

手元には無い作品もありますが、動画を少しUPしました。

 「OUCHYAKUDORI & BIRDMAN]のABをはじめに「テリア犬と蝶々」、「天翔け昇る」の電動タイプなど6点ほど。

ご覧頂ければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

木製HEART BIRD・・・・・・・

■ 東日本大震災復興支援作品の第3弾としてデザイン製作した木製のHEART BIRD。

お披露目は福岡三越での「木のぬくもり展」。

会期後にもオーダーを頂いているロープダンス同様に好評でした。

お蔭さまで展示した数量は完売しました。

活動を知ってお買い上げ頂いた方も多かったですが、作品を評価して頂いたのは感激でした。

月が変わり、HEART BIRD PROJECTのスタート場所でもある早良区は高取のHair's Connectionで、この木製のHEART BIRDの販売を開始しました。

今回はアガチスをベースにカリンとサクラを組み合わせた2種類です。

Photo_4

Photo_3

1作目に比べると塗装の手間などが少し省かれましたので、価格は一羽¥3,800です。

くちばしが木製の2作目は在庫が有りませんが、1作目の樹脂製(¥4,500-)は数に限りはありますが現在も販売中です。

前作同様に収益金の全額は東日本大震災の義援金として日本赤十字社を通じて寄付させて頂きます。

「気持ち届けよう!」のメッセージを添え、デイスプレイさせて頂きました。

お近くにお越しの折に気軽にお寄り頂ければと思います。

宜しく願い申し上げます。

8月は催事の為、Hair's Connectionでの売上はありませんでした。

催事での報告は10月にさせて頂きます。

尚、Hair's Connectionの9月の店休日は9/5(月)12(月)20(火)21(水)26(月)です。

詳しくは092-851-2167 羽川までお問い合わせ下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

夕日に・・・・・・

Photo

8月最後の日。

今年初めて来た百道の浜。

海風が心地よい。

真夏の少し殺気を含んだ空気は陰を潜めている。

堤防に座り、西の空に降りて行く陽を見送った。

ゆっくりと、ゆっくりと沈む夕日は暑い季節の終わりを惜しんでいるかのようだった。

陽は重なる雲を赤く染めて西の山陰に沈んでいった。

陽はまた昇る・・・・・・・・郷里の早い復興を願って合掌。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »