« 情報雑誌「ぴあ」 最終号・・・・・・・・ | トップページ | A CLOTHESPIN・・・・・・ »

2011年9月20日 (火)

洗濯バサミ・・・・・・・・

 迷走する台風が気がかりだが、連休も変わらず仕事場へ。

洗濯には生憎の天気だが、「洗濯バサミ」繋がりの話。

Photo_3

晴れ渡った青空にはためくTシャツやタオル・・・・・・・・。

風に飛ばされない様に「洗濯バサミ」がそれを防いでいる。

素材は好みや実用性で選ばれる。

私はこの木製の「洗濯バサミ」が気に入っている。

Photo

本来の使われ方とは違うが、そのシンプルな機構の可能性を感じて製作したオートマタ。

オートマタと言うには少しはばかれるが、ここは愛嬌。

今も相変わらずその可能性を模索している。

そんな中で、「洗濯ハサミ鳥」、「ハートバード」、「スモールドラゴン」などをヒントに作品を制作して下さった方々が居る。

お一人は西宮にお住まいのHさん。

中学校で教鞭を執られている。

ハートバード・プロジェクトにもご協力頂いた。

「ものづくり委員会」というグループを立ち上げて、情報交流、実技実践を通じてカラクリや木工の楽しさを伝承しいる。

Photo_5

 

Photo_6

試作を繰り返され完成させた「どらごん太郎」。

ネーミングは洲本の太郎池に伝わる龍神伝説からと推測している。

顔に使われた洗濯ばさみも納得。(動画

もうお一方は糟屋郡宇美町で木のおもちゃ屋さんを営んでおられるNさん。

仕事の資料を探していて巡り合ったホームページで作品を知った。

「ハートバード」の新聞記事をヒントに作品を製作されたと言う。

Nさんの研究日誌なるコーナーでは、ほのぼのとした日常の出来事に加え既存の玩具などを読み解いている。

その成果か、作られた「洗濯バサミ」を使ったドラゴンは身近な素材を加工している。

Photo_2

Photo

洗濯バサミに付けられたストロー製のドラゴンは針金を使った簡単な仕掛けで羽ばたく。

何か親しみやすい懐かしさを感じた。

製作の動機が私の作品にあったとしたら嬉しい限り。

それぞれ個性もあって面白い。

これからもいろいろと製作して驚かせてくれたらと思っている。

私も他の作家の作品にヒントを得る事も多々ある。

YouTubeの私のチャンネルにも登録されているグァテマラ共和国のrloumaさん。

先日送られて来た新作動画の案内。

「タップダンス」の動きはシンプルな機素をもとにしている。

「洗濯バサミ」の新たな可能性が閃いた。

オリジナルの牛をモチーフに試作した。

礼儀は一つ。

先人に失礼の無いように!

Photo_2

安定した動力を得る為に「洗濯バサミ」に補助材をつけた。

タイトルは「DANCING-BULL」。

「踊る-雄牛」。

Photo_3

「洗濯バサミ」の開閉で牛が回転したり、後ろ足を跳ね上げたりと踊ります。

アメリカ西部のバーにある「ロディオ遊具」のような動きをします。

動きは遊び手の技術でいろいろと変化します。

動画でもお楽しみ下さい。

先人に失礼が無いように、試行を重ねたいと思っている。

 

|

« 情報雑誌「ぴあ」 最終号・・・・・・・・ | トップページ | A CLOTHESPIN・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事

コメント

 このたびは、私のつたないストロードラゴンを載せてくださり、ありがとうございました。
 もう、なんだか、本当に私の作った様なつたない作品を紹介してくださって、ありがたく思いました。
 また、素敵なオートマタを拝見しにこのページにお伺いします。

投稿: おもちゃ屋のおいちゃん | 2011年9月23日 (金) 19時11分

おもちゃ屋のおいちゃんへ

いろいろと勝手にスミマセン。
値段を付けて売ると言う事になるとそれなりのハードルをクリアする必要があるかもしれませんが、私は作る事自体を楽しみたいと思ってます。
楽しんだプロセスが伝われば幸いです。
おいちゃんのドラゴン、面白かったですヨ。
次回作も楽しみにしています。

投稿: 羽川再生堂 | 2011年9月23日 (金) 21時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/412582/41707735

この記事へのトラックバック一覧です: 洗濯バサミ・・・・・・・・:

« 情報雑誌「ぴあ」 最終号・・・・・・・・ | トップページ | A CLOTHESPIN・・・・・・ »