« 出会い その壱・・・・・・・・ | トップページ | 無事終了・・・・・・・・ »

2012年8月26日 (日)

出会い その弐・・・・・・・

 駅から徒歩3分の表記は直線で、それでも5、6分とかからなかった。

生垣の向こうに広い庭を備えた2階建て。

門扉の向こうに見える庭には桜や柿の木が見える。

家を挟んで反対側の庭には手入れの行き届いた松の木が・・・・・・。

間取りでは分からなかったガレージ。

普通車が2台は入りそう。

私は車を持たないので、面白い使い方が出来そう。

建物の西側は生垣を挟んで空き地。

駅から見えたGOODAYとSUNNYは家の通りに入る手前の道路の向こうに見えた。

最高のロケーションである。

下見なので中までは観れなかったが期待が高まった。

今回は二人の意見も一致した。

「好いんじゃない!」

それまで観てきた物件は悪くはなかったが何か「決定打」に欠けていた。

二人の意見も少し違い「これだ!」と言う感じにはならなかった。

今回はかなりの好感触。

早速、西鉄沿線の物件探しでお世話になったK不動産のY氏に連絡。

先約が2件入っていたが、気持ちは膨らんでいたので2日後に中を見せて頂く事にした。

中を観るのは私たちが1番との事。

Photo

室内は間取り図で想像していた通りだった。

Photo_2

間取り図には載っていなかったガレージは魅力的。

16畳ほどの広さで床はコンクリート。

木造の梁が良い、奥の3分の1は低天で上は収納のスペース。

来客用のスペースを確保してあとは作業スペースに・・・・・・・・先約が2件あるのも忘れて勝手な想像を膨らましていた。

ダメ元で取りあえずは申込みをする事にした。

先約は有ったが何か良い返事が聞けそうな気がした。

後日K不動産のY氏より連絡。

諸事情で申込みが1番に繰り上がったとの事。

書式にのって正式な申込みをする。

保険会社の審査などがあって、後は大家さんの返事待ち。

結構ドキドキする時間。

ドキドキした甲斐はあった。

数日後のOKの返事を頂く。

良い方向に事が進んだ。

40年間、住み慣れた百道を離れ糸島市民になります。

掲載した写真は2階から筑肥線方面を観たものです。

加布里の三角屋根の駅舎が見えます。

2組の先約があったにも関わらず、幸運にも私たちが住人になる事が出来ました。

K不動産のY氏曰く、「出会い」ですネ・・・・・。

確かに。

S設計のSさん、いろいろとありがとうございました。

お気遣いに感謝です。

KデザインのKさんご夫妻にもお気遣い頂きました。

折角の休日にご案内ありがとうございました。

ご紹介頂いたレザー作家のYさんご夫妻にもいろいろアドバイスを頂きました。

後日、近くの金武に230㎡の物件がでていましたが、歳を重ねた夫婦には余りにも広すぎる庭の手入れは荷が重すぎます。

住居の広さだけで言えば足を踏み込んでいたかも知れません。

適切なアドバイスを思い出して踏み留まりました。

当初から情報を下さった居場所作家のFさん、ありがとうございました。

現実を知って当初のイメージとは違ってきましたが、ここを私の居場所として「らしく」やって行きたいと思っています。

看板を上げる様な事は出来ませんが、風通しの良い居場所になったらと思っています。

この2ヶ月間、タイトな仕事を抱えての濃厚な住まい探しでした。

不安もありますが、大きな可能性も感じています。

作品やコレクションの展示など、いろいろと考えています。

新作の構想も練りたいと思っています。

落ち着きましたらご案内差し上げたいと思います。

最後にK不動産のY氏に厚く御礼申し上げます。

いろいろと引っ張り回して済みませんでした。

ありがとうございました。




|

« 出会い その壱・・・・・・・・ | トップページ | 無事終了・・・・・・・・ »

ニュース」カテゴリの記事