« 無事終了・・・・・・・・・ | トップページ | 平成二五年一陽来復・・・・・・・・・ »

2012年12月28日 (金)

今年最後の・・・・・・・・・

 「写真いいですか?」

皆さん礼儀が正しい。

美術館や百貨店などの催しでは作品撮影は基本的に禁止。

ギャラリーなどでも撮影禁止の表記があるところも多い。

私の場合は「写真いいですか?」の返事は「どうぞ! どうぞ!」。

守るモノも隠すモノも何も無い。

むしろ歓迎である。

写真を撮りたくなるくらい興味を持って貰った?・・・・・・・・・だったら嬉しい話である。

ましてやプロだったりプロ級の腕を持った方々だっりすると何をか言わんである。

今回の〝自宅展〟でも沢山の方々が作品にカメラを向けて下さった。

ブログなどでも紹介して頂いた。

そして、撮って頂いた写真に驚かされる事が多々。

ここに掲載した写真は〝自宅展〟で原デザイン室の原さんが撮ってくれたモノ。

原さんはプロダクトデザナーだがカタログや企業案内の編集デザインなども手掛けられていて、写真の腕前もお墨付き。

Photo_7

           兎の友達:説明的な私の写真とは違う、印象的なフレーム

Photo_4

                     ガイコツ君:構成の妙

Photo_5

                 始祖の船:う~ん 唸るしかない

Photo_8

                工具類(材料?):分かっている感じ

Photo_3

           出会いと風:I百貨店で飾られた作品 ローアングルで・・・・・

思いも掛けないアングルや遠近で被写体に迫ってたりする。

Photo_9

                  星を見つけて:ピントを手前に

Photo_11

                   クッキー:連写で表情豊か

Photo_10

                森の記憶:障子からの柔らかな光

自分の撮る説明的な写真とは違って印象的で作品の違った側面を引き出してくれている。

原さんの撮影ではないが、以前に企業案内のリーフレットやポスターなどに使われた作品が何点かある。

掲載日を知らずに新聞を開いて新聞一面に作品が載っていて驚いた事もある。

それらの写真も自分とは違った目線で作品を捉えていた。

作り手としては驚きながら新鮮な発見をしている。

掲載させて頂いた写真にもそれを感じている。

そして、これからの展開の可能性をも教えてもらった。

今年の更新はこれが最後です。

今年は前半は展示会や外注の仕事で多忙な日々を過ごした。

後半は引っ越しという大仕事をした。

目まぐるしい一年だったが、〝自宅展〟という理想としていた催しで括れた。

展示会を終えた今、頭の片隅に作ってみたいモノの片りんが見え隠れしている。

来年は創作三昧の日々を送ろうと思う。

来年も程よいお付き合いを宜しく御願い致します。

良い年をお迎え下さい。

cueさんsougyoanさん 、ブログでのご紹介ありがとうございました。

 

 

|

« 無事終了・・・・・・・・・ | トップページ | 平成二五年一陽来復・・・・・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事