« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

リメイク・・・・・・・・・・

 季節を題材にした作品を幾つか製作している。

前に作った作品も見直してリメイクしてみようと考えている。

6年前に製作した「サーファーの悪夢」

波乗りを楽しんでいたサーファーが怪魚に追いかけられるという作品。

怪魚はワイヤーと和紙で製作。

オートマタとしてはボリュームのある作品に仕上がった。

’07年に同じようなテーマで小作品も製作。

型紙を改めて見ると、怪魚の大きさが意外と大きかった。

スケールを変え、新しいアイディアも加えてリメイクする事にした。

Dsc02262

前回は怪魚が追うのは漁船だったが、新に潜水艦を加えた。

潜水艦のデザインには少しこだわった。

漁船同様にレトロなデザインにしたかった。

Photo

1953年に上映された〝海底2万マイル〟に出てくる潜水艦ノーチラス号などを参考にしながらデッサンを繰り返した。

単純なデザインに収まった。

Photo_2

最終的には木型を製作して樹脂加工。

リメイクでも経過した時間の経験や変化は生かしたいと思っている。

| | トラックバック (0)

2013年6月22日 (土)

ご案内 【今月の再生堂】・・・・・・・・

 見上げる空にはまだ重い雲が居座っていますが、雲間から時々覗く陽が庭の木々に陰影をつけています。

本格的な梅雨のはじまりを予感させます。

Photo

加布里に越して来て10ヶ月が過ぎようとしています。

慣れない戸建の生活に戸惑いながらも、近所の方々や友人知人に助けられて充実した毎日を過ごしています。

展示場、作業場と8割がたは仕事場となっている住居もいろいろと工夫を凝らしていきたいと奮闘しています。

Photo_3

6月に入って季節にあった作品の入れ替えも済ませました。

8月のイベントの作品も少しづつですが形になっています。

連れ合いの作品も数を増やしています。

今後自宅での企画展などの開催も考えていますが、企画展開催以外の月は毎月最終週の金・土・日曜に展示場をオープンして皆様に気軽に遊びに来て頂きたいと思ってます。

詳細な予定は【今月の再生堂】のタイトルでこのブログにてご案内差し上げたいと思います。

押し迫ってのご案内ですが、今月の最終週もオープンする予定です。

【今月の再生堂】

日:6月28日(金)・29日(土)・30日(日) 

時:11:00~17:00 

処:糸島市神在1050番140

℡:092-332-9202

こちらも気軽にと思っています。

遠慮なくお越し下さい。

※お越しの際はご一報頂けると有り難いです。

|

2013年6月18日 (火)

レイチェル・・・・・・・・

 この作品は特注で製作したもの。

Dsc02193

30年以上の付き合いになるT氏からのオーダー。

T氏は充実した日々を送る選択の一つとしてパピーウォーカーと言う盲導犬を育てる為のボランティアに参加。

盲導犬になる子犬は生後2ヶ月から、1歳になるまでの約10ヶ月間、パピーウォーカーと呼ばれるボランティアの家庭で、愛情に包まれながら過ごす。

子犬たちは家族の一員として一緒に生活することで、人間を深く信頼する犬に成長していく。

Photo_2

T氏が預かった子犬の名はレイチェル。

レイチェルはT氏の奥さんとお譲さんの深い愛情を受けて、6月の5日に無事11ヶ月のパピーウォーカーとの生活を終えて盲導犬になるために訓練所に入所。

その記念として作ったのが写真の作品。

ベースはテリアやビーグルを題材にしたクリップシリーズ。

何回か我が家に訪れた時に撮っていた写真を参考に製作。

リアリティは追及していない。

Dsc02191

頼まれた訳ではないが箱も製作した。

Dsc02194

クリップの持ち手の部分に取り付けたプレートには〝JUNE 5 2013 RACHEL〟の刻印。

2013年6月5日以後、T氏は勿論の事、T氏の家族はレイチェルに会う事を許されない。

T氏の家族がもしレイチェルに会えるとしたら、盲導犬として役目を終えた10年以上後の事。

一緒に過ごした11ヶ月の思いでの助けになってくれれば幸い。

| | トラックバック (0)

2013年6月 3日 (月)

ガレージも・・・・・・・・

 自宅内の展示替えに続いてガレージも少し作品を加えた。

引っ越しの慌ただしさの中で分解梱包したのでコンデションがどうなっているのか心配だった昆虫をモチーフにした「夏の音」という作品もダンボール箱から出してみた。

今から18年前、1995年の夏にI百貨店のウインドウディスプレイの為にデザイン製作したモノ。

Dsc02265

ウインドウではペイントした壁面に直接取り付けたが、展示後新に円形のパネルを製作し、絵画の様に展示出来るように工夫。

その形で企画展や個展などでも何回か展示した。

心配した作品のダメージは無く、18年経った今でも当初の動力のままで可動する。

Photo_2

ガレージのイメージに合わせて、アンコウの照明も展示。

Photo_3

シャッター側の一角が照明のコーナーのようになっている。

|

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »