« 寒さが・・・・・・・・・・・ | トップページ | 12月の再生堂・・・・・・・・ »

2013年11月28日 (木)

オートマタの人形・・・・・・・・

オートマタ=からくり人形は「命あるモノの動きを真似る生命の無いモノ」と定義されています。

故西田明夫氏の著書「動くおもちゃ・オートマタ」の冒頭に記述されているオートマタの説明です。

Photo_2

シャフトに差し込まれた木製の人形。

Photo_3

プレートを叩くとその人形が踊り出す。

まさに命あるモノの動きを真似る。

変化する動きの面白さもさる事ながら、作り手にとってはその人形のデザインを考えるのが楽しい。

オートマタの人形は動かす事を前提としている。

動かす為にはなるべく軽く作る。

したがって素材も限られてくる。

その中での表現。

以前に樹脂で製作した事がある。

細かいディテールが表現出来るメリットはあるが少し重くなるのが難点。

今は木材を主素材に製作している。

ここに載せた「踊る人形」は高さ12㎝ほど。

顔の大きさは?

目の色は?

髪形は?

服のデザインは?

服の色は?

などなど、限られた大きさの中でストーリーをもとにデザインしていく。

詳細は感覚に頼る。

少し誇張した方が面白い。

作りつつニンマリとする。

ニンマリとする回数が多いほどキャラクターは面白くなっていく。

悪乗りの一歩手前で止めるのがポイント。

やりすぎてはいけない。

何事もほどほどに・・・・・・・・である。

何体か製作しては、カタカタと動かして遊んでいる。

「11月、12月の再生堂」は12月の6日(金)より12月の15日(日)までクリスマス企画「SAISEIDO WORKS 2013」として開催予定です。

詳細が決まり次第ご案内差し上げたいと思います。

 

|

« 寒さが・・・・・・・・・・・ | トップページ | 12月の再生堂・・・・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事