« 糸鋸・・・・・・・ | トップページ | 1996年~・・・・・・・・・ »

2014年3月24日 (月)

希望の宝珠・・・・・・・・

 加布里漁港に在る人気のランチ&カフェのお店 踵屋敷

一日10食限定のランチは予約を入れないとなかなか有りつけない。

大きなカップでたっぷりと提供されるチャイやココナッミルクティーも人気。

店主のAさんの人柄が呼ぶお客さんも多い。

Aさんが集める雑貨や骨董も楽しい。

お店全体が宝箱の様。

その中に私の作品「始まりはキングストン」も並んでいる。

誰かに話したくなるお店である。

私たちが加布里に引っ越して来た当初から店主のAさんには何かとお世話になっている。

自宅展の時などはAさんの案内のお蔭で楽しい出会いを沢山頂いた。

そのAさんからのオーダー。

Dsc03783

   オリジナルの〝天駆ける〟はオートマタとしては珍しい縦型の構成が特徴

オリジナルの作品〝天駆ける〟を見て、「お店の壁面に取り付けられないか?」と・・・・・・。

〝天駆ける〟は「様々な願いが叶えられる言う如意宝珠を追いかけながら天に昇って行く龍」・・・・・・・・そんな物語を持った電動の作品。

オープン時間中は動かしておきたいとの希望。

長時間の可動はウインドウディスプレイの仕事で経験している。

折角だから、お店の環境に合わせて作らさせて頂く事にした。

言えばオーダーメイド。

カウンター奥の下がり天井の側面。

中央部に3寸角(約9㎝角)の角材が縦に化粧で見えている。

その角材に取り付ける事にした。

オリジナルより全体的に大き目にデザインを変える。

雲の造形も新しくデッサンする。

勿論環境に合わせてだが、同じモノを作る退屈さも避けたかった。

良い緊張感を持ちたかった。

欲張りである。

取り付けをどうするか?

縦を横にしてそのまま取り付けるのも芸が無い。

出来ればその場所に昔からある様な感じにしたかった。

既存の化粧柱から木鼻が出ていてその上にオブジェが乗るようなデザインを思いついた。

木鼻とは,木の端と表される様に柱の上部に横に貫いている頭貫や虹梁と呼ばれる梁の端に付けれた彫刻の事。

神社仏閣の建築では装飾的な木鼻が多く見られる。

龍はオリジナルをベースに一回り大きくデザイン。

何時もの事だが途中パーツなどの欠損や不具合を考えて2つ一緒に製作。

雲は寸法を変えたので、全ての型紙を描き直した。

Dsc03775

  新しく製作した雲の紙型 左のMDFで製作した型はモーターとの取り合い確認用

理屈では無い、気持ちにすっきりと収まる形を納得のいくまでひたすら描き探す。

Dsc03733

              型紙で写し取ったラインを糸鋸で加工

Dsc03821

             内部の加工をしてクランプを使ってプレス

Dsc03734

          木鼻の加工この厚さでも膨らみが無く直角が出ている

木鼻のモチーフは龍もあれば象、獅子、鳥、植物と多様。

象鼻を雲で表現したシンプルなデザインをベースにした。

パワーのある糸鋸のお蔭で加工にストレスが無い。

横に砥石を置いて雲と木鼻の彫刻。

彫っては研いで。

研いでは彫って。

ここは面白いところ。

龍が天に昇ると言われる〝春分の日〟に間に合わせられる様にと少しピッチをあげての製作。

Dsc03758

       仕事場での試運転 長時間動かす事で出てくる不具合を回避する為

試運転の時間がもう少し欲しかったが、19日に常連のお客様方に助けられて無事取り付けを終える。

Dsc03861

Dsc03862

宝珠を追う龍。

大きな守護神も見守っている。

小さな作品だが込めた思いは強い。

宝珠を追いかける龍を見つけた人に何か嬉しい予感が宿ってくれたら幸いです。

※動画はこちらか→天駆ける

 

|

« 糸鋸・・・・・・・ | トップページ | 1996年~・・・・・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事