« 彫刻刀・・・・・・・・・ | トップページ | いい加減・・・・・・・ »

2014年4月18日 (金)

10年・・・・・・・・・

 またまた龍の作品の話。

プロダクトデザイナーのHさんが2005年に製作したドラゴンの作品が壊れたと現物を持って来られた。

家具のカタログ撮影の小物として使って頂いた後の事。

この頃の作品の特徴で翼や背中の突起は金属(真ちゅう)を使っている。

「出来る事は惜しみなく」と模索して見つけた素材の組み合わせ。

その組み合わせもあって、翼の可動する部分に珍しく既成品の小さなプラスチックのヒンジ(蝶番)を使っている。

その部分が劣化して壊れたようだ。

幸いヒンジの手持ちがあったので1時間ほどで修理は完了した。

作ったものを修理するのは当たり前の事だが、修理は沢山の情報をもたらしてくれる。

時間の経過による風合や色、錆び具合などの素材の変化や可動部の摩耗具合などは勿論の事、製作当時の気持ちなども思い出させてくれる。

それは次への貴重な資料にもなる。

Dsc03942

          この作品は「星をみつけて」のドラゴンを素にしている

金属の風合いも時代がかって悪くなかったのだが、素地を見たくなって磨いてみた。

10年ちかい時間の仕業はなかなか手強い。

丁寧に時間をかけると、くすんだ表面から素地が覗く。

見えた素地は製作当時のまま。

組み合わせた素材との兼ね合いもあるので適当なところで止める。

時間が造るモノもある。

それはそれで上手に拾い上げて作品の味とする。

龍をモチーフにした作品の製作が続いた。

区切りとして製作した新作と旧作を並べてみた。

Dsc04096

建築家のK氏の新居にも飾られていた2004年に製作した赤の龍。

動きは素朴だが「頑張った感」がある。

10年前の「出来る事は・・・・」の形。

Dsc04097

クリツプシリーズの龍 

Dsc04077

            本体は木製だが部分的に真ちゅうの針金を使用

Dsc04113

新作の龍。

旧作の色が気になって製作。

歯車の組み合わせで動きはスムーズ。

錆びに対する試みもした。

今の「出来る事は・・・・」の形。

10年後にこの作品を見てどう思うのか?

楽しみでもある。

|

« 彫刻刀・・・・・・・・・ | トップページ | いい加減・・・・・・・ »

ギャラリー」カテゴリの記事