« 感謝・・・・・・・・ | トップページ | 漁船を作る・・・・・・・・・ »

2014年8月 9日 (土)

波を彫る・・・・・・

 加布里漁港に位置する踵屋敷。

踵屋敷の秋田さんがプロデュースするROMEO SLIPPERSの店頭の看板を製作させて頂いた事はこのブログで以前に書いた。

Dsc04774

看板を挟んでシンメトリーに黒にペイントされた飾り棚を取り付けた。

「棚の上に何を飾ろ~?」

「船のオブジェを1台製作してそれを半分にして両サイドに・・・・・」

秋田さんの創造的な発想が言葉になってこちらに届く。

引っ掛かった言葉や思いを拾い上げて持ち帰る。

こちらとしては持ち帰った言葉を繋ぎ合わせて「これでしょ!」という仕事の仕方もあるが、少し遊びたい。

動きを要望された訳ではなかったが、古典的な振り子の仕掛けを思い出した。

波間に振り子でゆらゆら揺れる船・・・・・・・・・・オリジナル作品「波間に」のバージョン違い。

波は日本の古典的な波模様を参考にデッサンを繰り返し決定。

リアルな空間を壁に想定してスケールを検討。

詳細な確認もデザインの仕事。

Dsc04852

12㎜厚の狂いの少ない集成材を糸鋸で加工。

波の際を彫刻刀と切り出しを使って加工。

Dsc04853

ストレスの無いようにマメに彫刻刀を研ぐ。

Dsc04854

波パネルの仕上がり。

Dsc04855

左右対称に対で製作。

仕上げの塗装は水性塗料を海綿でパッテイング。

タイミングを見計らって拭きあげる。

波パネルの出来上がり。

Dsc04864

振り子の付いた漁船を取り付けて出来上がり。

振り子を揺らすと船もゆらゆらと揺れる。

漁港を出入りする漁船を見守る灯台・・・・・・・・・看板を中心に考えた物語。

|

« 感謝・・・・・・・・ | トップページ | 漁船を作る・・・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事