« BOSTONTERRIER・・・・・・・・ | トップページ | 創意工夫・・・・・・・・・・ »

2015年3月24日 (火)

テリアと蝶・・・・・・・・・

 最近製作した作品を紹介します。

Dsc06315

        ゼンマイを動力にしています 平均して2~3分位可動しています

この仕掛けは古くはブリキの玩具などにみられ、国内外の作家がデザインをアレンジして発表しています。

私が観た作品の中ではロバート・レースの「鳥と蜂」が印象的でした。

ステージ中央のビーグル犬がゼンマイの力で回転します。

ビーグル犬の頭から延びるテグス(釣り糸)をつけた釣竿状の針金も一緒に回転します。

テグスの先につけられたブリキ製の蝶が回転の勢いで花の中央から延びている直径3㎜ほどの竹ヒゴにテグスと一緒に巻きつきます。

それは蝶が花の上を舞っている様にも見えます。

テグスが巻きつくと蝶の行先を追うビーグル犬の動きは止まります。

巻きついたテグスは勢いを失うと反対に回転をはじめ、竹ひごから離れます。

竹ひごからテグスが離れた事でビーグル犬がまた回転をはじめます。

そして反対側の花から延びた竹ひごに巻きつきます。

これを繰り返します。

花から花へと舞う蝶。

蝶の行先を追うビーグル犬・・・・・・そんなストーリーの作品です。

先人の閃きをなぞりながら、私なりのストーリーを組み立てて製作したものです。

ゼンマイやオモリを動力にしているのが新鮮ですが、言い方を変えればモーターや手動ではこの仕掛けは可動しない。

Dsc06353

10数年前に購入していたゼンマイが使えるのでは?

トルクの弱いゼンマイの使いみちに気づいたのもこの作品を作る切っ掛けにになりました。

このゼンマイならではの微妙な力がこの仕掛けを可能にしています。

残念な事にこのゼンマイの入手は今は困難です。

Dsc06341

そんな事でオモリで動くタイプも製作してみました。

回転の力や糸の長さ、糸の先に付けられたキャラクター(蝶)の重さや形・・・・・・・結構詳細な調整が必要です。

このノウハウはは製作しての収穫です。

タイトルに「テリア(ビーグル)と蝶」としていますが、過去に同じ様なタイトルで作品を製作しています。

Dsc06358

            手動のオートマタ「TERRIER & BUTTERFLY]

「TERRIER & BUTTERFLY]と「花を見つけて」も同じモチーフを題材にしています。

Dsc06355

Dsc06354

蝶が犬の背中の模様に花の形を見つけて追いかけます 曳く事で動く・・・・・・・「花をみつけて」は少し昭和の匂いのする仕掛けの作品です

今回の作品はオリジナルとう言うのは憚れますが〝なぞる〟事で理解出来る事を知った作品でもあります。

|

« BOSTONTERRIER・・・・・・・・ | トップページ | 創意工夫・・・・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事