« ITOSAURUS・・・・・・・・・ | トップページ | A ROPEDANCER・・・・・・・・・ »

2015年4月21日 (火)

手を作る・・・・・・・・

 ITOSAURUSを連作してる。

その製作の過程で、ある作家の作品をふと思い出した。

正面から観るとヴァイオリンを弾く人の造形だが側面から観るとピアノを弾く人。

正面からは「女」と言う文字の造形が側面から見るとグラマラスな女性の造形・・・・・・・この不思議な「二つの形を持つ一つの立体」は日本のエッシャーとも言われた故福田繁雄氏(1932~2009)の作品。

そのアイディアににも驚いたが、興味は発想からその加工方法に変わった。

レーザー?水圧カッター?

加工の方法は何となく理解出来たがその大きさをどんな技法で可能にしたのか?

「この大きさをどの様な方法で製作したのか?」

加工の不思議さもその作品を魅力的なものにしていた。

その作品を思い出したきっかけはキャラクターの「手」を加工していた時。

正確には手袋を装着した手。

イメージはバイカーが着けるレザーのグローブ。

6㎝×2㎝のは白木のブロックから加工。

小さなモノ。

Dsc06571

ブロックの上面に手袋を上から見たデッサンを描き、側面には横から見たデッサンを・・・・・・・。

ここで福田繁雄氏の作品を思い出した。

私の作るものは小さいので、糸鋸の刃のストローク以内だったら容易に加工は可能。

福田氏の作品は大きさが違う。

小さいモノであれば福田氏の造形もこの方法で加工が可能。

Dsc06572

まずは電動糸鋸で5本の指が書かれた手袋上面のデッサンを切る。

丁寧に切り進める。

Dsc06573

切り終わるとデッサンの形はブロックから外れるが、マスキングテープでその場に止めて側面の加工に入る。

ブロックの中には5本の指を持った手袋の形が入っている。

どんな形で出て来るのか?

Dsc06574

側面のデッサンを切り終える。

Dsc06575

マスキングテープを外して中の形を取り出す。

5つの不思議な形がブロックの中から・・・・・・・。

大きさは違うが福田繁雄の造形にも似た面白い立体。

Dsc06576

必要なのはこの部分。

Dsc06577

不必要な部分を削って、親指の部分を加工すると求めていた手袋の形になる。

これを丁寧に研磨して仕上げる。

Dsc06580

残った形も面白い。

大きくしたら面白いオブジェになりそう。

製作の過程でいろいろな事を思い出しながら刺激的な発見もしている。

|

« ITOSAURUS・・・・・・・・・ | トップページ | A ROPEDANCER・・・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事