« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

湿気・・・・・・・・

 久しぶりに友人知人とゆっくりと話が出来た「6月の再生堂」。

はじめてのお客さんもありがとうございました。

この季節、困るのが湿気。

木製のオートマタにとって湿気は大敵。

湿気を吸い込んで木が膨らみます。

シャフトが通るキリ穴が小さくなります。

コンマ何㎜の世界ですが、キリ穴が小さくなった事でシャフトが絞めつけられます。

ハンドルに荷がかかります。

スムーズな回転を知っているだけに少し不満が残ります。

毎朝、展示してある全てのオートマタを点検します。

ハンドルのきついモノや不自然な動きの作品は調整します。

Dsc07027

部分的に研磨したりする作品もありますが、大体が乾燥させると治ります。

乾燥剤を入れたポリ袋に入った綱渡りのピエロ

このピエロはワイヤーの傾きによって自重で動きます。

湿気で回転部が少し硬くなったりすると理想的に動きません。

そんな事で乾燥剤で湿気を取り除いてます。

少し時間がかかります。

Dsc07026_2

時間の無い時はこんな方法で湿気を取り除きます。

白熱灯の熱で乾燥させます。

今回は贅沢に読売新聞主催「再生デザイン大賞」の第1回で優秀賞を頂いた「ソースボードとアイロンの照明スタンド」を使って乾燥。

大人しく乾燥されたピエロは30分ほどで元の動きを取り戻します。

「湿気で少し動きが・・・・・・・」言い訳をしないで良い様に、いろいろと工夫が必要です。

|

2015年6月23日 (火)

6月の再生堂・・・・・・・

 ここ数年の作品で一番の人気作品と言えば「天翔ける」。

竜をモチーフにした作品。

5年前の福岡三越での催事で発表したもの。

電動と手動の2タイプ製作している。

竜のデザインは和洋折衷の良いとこ取りのオリジナル。

彫刻的な加工がしたくて立体的な雲と組み合わせた。

製作中は削りカスを作業ズボンの折り返した裾に入れて家中にまき散らして連れ合いの仕事を増やす。

彫るのに夢中になって同じ事を繰り返す。

作りはじめるのに少し時間がかかるが、作りはじめたら時間を忘れる。

Dsc07008

      モーターの配置や配線、カバーの取り付けなどいろいろと考えた結果

私のオートマタの作品で唯一機素と呼ばれる動かす仕掛けの部分が見えていない作品でもある。

機素は彫刻刀で加工した雲の中に仕込んである。

時々「中はどうなっているのですか?」との質問を受ける。

クランクと言うオートマタではよく使われる基本的な仕掛けで動いている。

モーターを使用しているので歯車やカムは無い。

いたってシンプル。

想像する楽しみもあるのでここは全部を見せる事は控えておく。

今の仕事が終えたら、新しい「天翔ける」を製作したいと考えている。

今週末は「6月の再生堂」です。

少しづつですが、新作も増えてます。

最近ブログやYouTubeで紹介して来た作品を並べます。

旧作より一回り大きい縦型の「天翔ける」も並べます。

梅雨空でスッキリとしない天気ですが、お出かけ頂ければ嬉しいです。

《6月の再生堂》

 

日    時: 6月26日(金)・27日(土)・28日(日)
         午前11:00~午後5:00

 

問い合わせ: 092-332-9202 羽川

※お越しの際はご一報頂けると有り難いです。 

|

2015年6月18日 (木)

気持ち・・・・・・・・・

 予定は未定で、予定の変更は多々ある事。

シリーズの作品に一区切りつけて次の作品に取り掛かった。

頭は作品の詳細まで先に行っている。

原寸図を持って材料の調達・・・・・・・・・・・・

このタイミングで事情があって製作する作品を変えなければならなくなった。

今日は「「これ」と決めて訪ねていったお気に入りの料理店が閉まっていた。

頭も口もその店の味。

「店休」の張り紙の前で所在無く立尽くす。

そんな残念な気分。

切り替えは早い方だが、今回は残念な気分を少し引きずった。

「よく有る事」と先に行った頭をなだめながら、依頼された作品に取り掛かる。

気持ちの問題。

残念な気持ちをいつまでも引きずってはいけない。

気持ちが作品に出る。

先にある楽しみを見つけて気持ちを切り替える。

Dsc06989

材料の切り出しに入れば、その作品に入れる。

気持ちの持ち様。

置いてきた作品は次回の楽しみとしよう。

少し古い作品コマ回し)をYou Tubeにアップしました。

|

2015年6月 9日 (火)

遊びながら・・・・・・・・

 加布里漁港の清掃に参加した。

糸島市長の挨拶にはじまり、1時間程度の作業だったが、多くの人が参加していた。

ゴミ袋を片手に堤防から海辺を清掃してまわった。

久しぶりに拾う感覚を思い出した・・・・・・・・・。

再生堂の名前で仕事をはじめて22年が経つ。

「何処が再生なのですか?」

ガレージに並べた作品は「再生がテーマです」と大きな声で言えるが、オートマタの作品を観て問われると口ごもるしかない。

「不用になった素材を材料にしたオートマタ」・・・・・・・・・目指すところななのだが、これがなかなか手強い。

Dsc06932

Dsc06934

無作為に集めたものだから、重さや形状も含め様々。

頂いた貴重な素材もある。

素材を見ながら思考を重ねている。

思いついたアイディアは試してみる。

形になるのは極一部である。

再生に関して言えば今は修行の日々である。

現在製作しているオートマタのノウハウを何れは再生に生かしたい。

素材をストックしてあるのはガレージだけでは無い。

加工道具を置いた仕事場にもある。

ここは比較的小さなもの。

Dsc06927

Dsc06928

       海外で集めた王冠はアクセサリーなどに加工した事も・・・・・・・

雑誌や新聞などの印刷物、フィギュアや王冠、時計のパーツなどなど。

これも出番を待っている様ないない様な・・・・・・・・・・。

そんな仕事場の片隅に置いてあった香港フィギュアやキャラクターのキーホルダーを観ていて思いついた。

「少し遊んでみよう」そんな感じで適当な大きさのフィギュアを素材にROPEDANCERのキャラクターを製作。

Dsc06924

香港の作家マイケル・ラウのフィギュアとRKBのキャラクター「モモピ」には手製のプロペラ

Dsc06921

Dsc06899

Dsc06922

おまけの様なモノでも形があると捨てられない 有名なネズミのキャラクターのキーホルダーも加工した

WITH PROPELLER(プロペラを着けて)と題してみた。

遊びながら考える・・・・・・・・エコやリサイクルなどと大きな声では言えないが遊びが考える切っ掛けになれば理想。

 

|

2015年6月 2日 (火)

連作・・・・・・・・・・

 ディスクトップの背景をサツキから紫陽花に変えた。

Dsc06814_2

季節の移ろいを楽しみながら手を動かしている。

手を動かしながら考えている。

悪い癖である。

気になる事は確認しないとすまない。

使っている手が脳を刺激する。

製作中に閃くアイディア。

まだ熟していないのに気になる。

結局は確認の為に形にする。

適当なところで止める事が出来ない。

Dsc06821

海外からの評価にも気を良くしている。

「綱渡り」を連作している。


|

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »