« 6月の再生堂・・・・・・・ | トップページ | カレンダー・・・・・・・・ »

2015年6月30日 (火)

湿気・・・・・・・・

 久しぶりに友人知人とゆっくりと話が出来た「6月の再生堂」。

はじめてのお客さんもありがとうございました。

この季節、困るのが湿気。

木製のオートマタにとって湿気は大敵。

湿気を吸い込んで木が膨らみます。

シャフトが通るキリ穴が小さくなります。

コンマ何㎜の世界ですが、キリ穴が小さくなった事でシャフトが絞めつけられます。

ハンドルに荷がかかります。

スムーズな回転を知っているだけに少し不満が残ります。

毎朝、展示してある全てのオートマタを点検します。

ハンドルのきついモノや不自然な動きの作品は調整します。

Dsc07027

部分的に研磨したりする作品もありますが、大体が乾燥させると治ります。

乾燥剤を入れたポリ袋に入った綱渡りのピエロ

このピエロはワイヤーの傾きによって自重で動きます。

湿気で回転部が少し硬くなったりすると理想的に動きません。

そんな事で乾燥剤で湿気を取り除いてます。

少し時間がかかります。

Dsc07026_2

時間の無い時はこんな方法で湿気を取り除きます。

白熱灯の熱で乾燥させます。

今回は贅沢に読売新聞主催「再生デザイン大賞」の第1回で優秀賞を頂いた「ソースボードとアイロンの照明スタンド」を使って乾燥。

大人しく乾燥されたピエロは30分ほどで元の動きを取り戻します。

「湿気で少し動きが・・・・・・・」言い訳をしないで良い様に、いろいろと工夫が必要です。

|

« 6月の再生堂・・・・・・・ | トップページ | カレンダー・・・・・・・・ »

ファクトリー」カテゴリの記事