« カレンダー・・・・・・・・ | トップページ | 7月の再生堂・・・・・・・・・ »

2015年7月14日 (火)

コガネグモ・・・・・・・・

 不安定な梅雨の空。

雲の合間からほんの少し青空がのぞいた午後の事。

タイミングを見計らった様な連絡。

「これから庭の剪定に伺っても宜しいでしょうか?」

このタイミングを逃がしたら何時にになるかわからないヨ・・・・・・そんな譲れない雰囲気があった。

こちらもツツジやサツキの花芽が気になっていたのでためわらず「いいですヨ!」の返事。

Dsc07081

突然の連絡にしなければならない事があった。

5月の中旬に生垣のカイズカイブキとツツジの間に網を張った大きなコガネグモの避難。

2年前の夏に自分身体の2倍はあるセミを捕獲するシーンを観てから私はコガネグモに強く魅かれてしまった。

その捕獲方法は私の想像とは違っていた。

網に掛かった昆虫を尻から出す糸でグルグルと巻くと思いきや、一瞬の間に尻から布状の糸を出して獲物を包み込んでしまう。

サランラップでモノを包む感じ・・・・・・。

あっと言う間の事。

網作りにも感心した。

あの繊細だが強度を持った網を数時間もかからずに完成させてしまう。

台風の様な風雨にも耐える網は2種の糸で作られている。

粘着性がある横糸。

中央から広がる縦糸には粘りは無い。

コガネグモは粘りの無い縦糸の上を移動している。

中央の目の部分は粘着性の無い縦糸だけで作られている。

Dsc07094_2

隠れ帯と呼ばれる白いジグザグの糸を前足に置いてX型に広げている姿は何か風格が漂っている。

全てのクモが好きなわけでは無い。

殺生はしないが、部屋に入ってくる様なクモは、玄関に常備している網で捕獲して外に退去して頂いている。

コガネグモは特別である。

このクモを朝晩観察するのが日課になっている。

お気に入りである。

このコガネグモが剪定で行方不明になっては・・・・・・・・。

間違って剪定鋏で・・・・・・・・・。

そんな心配があって事前に退避させる事にした。

Dsc07079

折角の網だが、少し壊させて頂いて今回剪定しない生垣の方に移動してもらった。

Dsc07082

今日の剪定ははツツジとサツキと梅だけ。

2時間ほどで終了。

庭師さんにもコガネグモの事は伝えていたのでクモは生垣で大人しくその場に留まっていたようだ。

Dsc07104

後は同じ場所に戻り、新しい網を張るか?少し心配だったが、翌朝、同じ場所に以前と変わらぬ立派な網を張っていた。

なにやら小さな昆虫まで捕獲していた。

Dsc07103_2

周りにも網目の小さい網が数張り出来上がっていた。

勿論、何時か作品の題材にとは思っている。

このリアリティはアイディアの宝庫。

今年もこのコガネグモから目が離せない。


|

« カレンダー・・・・・・・・ | トップページ | 7月の再生堂・・・・・・・・・ »

ニュース」カテゴリの記事