« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

2016年12月28日 (水)

焼印・・・・・・・・

 今年も残すところあと数日。

年々時間が経つのが早く感じられる。

今年も沢山の課題を来年に持ち越しそうだ。

オリジナルの新作に関しては不完全燃焼。

糸島に移り住んで5年目。

2017年も忙しい年になりそうだが、しっかりと燃焼しなければとここに来て気を引き締めている。

そんな事で新しい年を迎えるにあたって「少し気合いを・・・」と言う意味合いも込めて作品に記すを注文した。

Photo_3

7年ほど前、連れ合いも作品に値段を付けるようになった時、私の作品と分ける為に印をデザインした。

お互いに名前の頭文字をとって〝Tマーク〟と〝Eマーク〟。

私の手描きマークとフォントを加工したデザインで印を制作。

紙に押す事もあったのでゴム印にした。

横幅20㎜と小さな印だが責任の印として作品に押した。

Photo_2

ゴム印を制作した時点でも迷ったのだが、今回は焼印。

始めから決めていた北海道のメーカーと数回のやりとりで見積もりから10日ほどで手元に届いた。

デザインデーターは手作りのお粗末な資料しかなかったので、良心的な価格でデーターの製作までして頂いた。

届いた焼印を試してみる。

ハンダゴテに慣れていたので感は直ぐにつかめた。

理想的な温度に上がるまで何回か押しながらその時間を計った。

続けて何回も押す訳では無いのでこのデーターで十分。

年を越して頂いている注文が何点かある。

作品に押すのは来年になりそうだが、ゴールドに輝く印面を見ているだけでテンションは↗。

この印は低速気味の私の背中も押してくれそうだ。

今年も沢山の方々と出会いました。

最近は海外の方々も多く訪ねて来て下さいます。

ウェブで見たと北海道は礼文町からのお客様も居られました。

「12月の再生堂」でも神戸から当家を目標に車で来て下さったお客様が居られました。

有り難い事です。

2016年来場頂いた皆様方に心よりお礼申し上げます。

ありがとうございました。

これからも訪ねて来て下された方々が暖かい気持ちになれる様な創作を心掛けて行きたいと思っています。

2017年は新しい印を押した作品を充実させて行きます。

これからも「羽川再生堂」を宜しくお願い申し上げます。

 

|

2016年12月19日 (月)

12月の再生堂・・・・・・・

 12年ほど前に「飛行の記憶」と言う電動の作品を制作した。

この作品は2005年に三菱アルティアムで開かれた〝現代からくりおもちゃ展〟に出展した。

夏休みの企画とあって沢山の方々にご来場頂いた。

「飛行の記憶」は来場頂いた方々に人気があった。

オリジナルの作品は樹脂製のキャラクターに連れ合いが製作した飛行服を纏った手の込んだものだった。

依頼が在って数台製作したが、製作の難度もあって全ての依頼には応じられなかった事を覚えている。

Photo_2

今回過去のスケッチブックをもとに木製で手動タイプの「飛行の記憶」を制作した。

ディテールにも変化をつけて12年前とはまた違った「飛行の記憶」に仕上げた。

自分の作った作品だが時間の経過の中で新たな面白さや創作のヒントを発見した。

今週末は今年最後の《月の再生堂》です。

年末の忙しい時期ですが、糸島方面に来られる機会が有りましたらお寄り下さい。

≪12月の再生堂≫

日      時: 12月23日() 24日() 25日(

           午前11時~午後5時まで

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

クリスマスケーキ・・・・・・

 今日から12月。

11月の再生堂からクリスマスをストーリーにした作品を飾った。

Photo

2階の出窓には百貨店の演出で製作したクリスマスツリーのオブジェ。

Photo_2

Photo_3

勿論「サンタとトナカイのケーキ」、ステンレスの食器やシルバーのカトラリーを素材にした「ステンレスケーキ」も梱包を解いて居間の展示場にレイアウトした。

Photo_4

少し早いが、バレンタインデーをストリーにした「クッキー」もケースから出して表の陳列台に飾った。

ケーキの作品は普段は梱包してあり、この時期にしか展示しない。

年に1度のこの作品を飾る時に思い出す事がある。

ニューヨークはアッパーイースト、ブルーミンデール百貨店の近くに在るテンダーボタンと言う有名なボタン専門店。

テンダーボタンの看板は大きな金色のボタン。

一目でこの店が何の店か分かる。

この看板がクリスマスの時期になると、アンティークも含め沢山のリアルなボタンで出来たリース型の看板に架け替えられる。

50数年、毎年変わらず同じものが飾られている。

この事を知った時に私は少し嬉しくなったのを覚えている。

「サンタとトナカイのケーキ」と「ステンレスケーキ」を飾る時に何時もこのテンダーボタンの事を思い出す。

この時期、年甲斐もなく少しワクワクした気持ちでこれらの作品を飾る。

12月中は前もってご連絡頂ければこれらの作品を含めて展示の作品をお見せする事が出来ます。

興味のある方はご連絡下さい。

連絡先: 092-332-9202 羽川再生堂まで

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »