« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月20日 (水)

3月の再生堂

 龍をモチーフにした「天翔ける」を制作しています。
 
古代中国では、龍は秋分になると淵の底に深く潜り、春分には淵から出て天に昇り天空を自在に飛翔すると言われています。
 
春分の日は「龍帰る」と伝えられています。
 
この数年はこの時期に必ずと言っていいほどに「天翔ける」を制作しています。
 
何か不思議な思いを抱えながら気持ちを込めて彫刻刀を動かしています。
 
Photo_2
 
今週は「月の再生堂」の週です。
 
展示場をオープンします。
 
庭の桜もそろそろです。
 
散歩がてら遊びにお越し下さい。
 
≪3月の再生堂≫
日    時:3月22日(金) 23日() 24日(
            午前11時~午後5時まで
 
お問い合わせ:092-332-9202

|

2019年3月 6日 (水)

バブルラップ・・・・・・

 ン村上隆自身がコレクションしたと言う約2000点に及ぶアート作品による企画展を観る為に熊本に出掛けて来た。

翌日が最終日と言うぎりぎりの日になったのは、仕事のスケジュールもあったが予定されていなかったクロージングトークがこの日にあると聞いたからでもある。

スーパーフラット同様に村上隆が1980年代を中心としたバブル経済期のアートシーンに命名したのが「バブルラップ」。

「バブルラップ」とはエアーパッキンの事。

プチプチと指で押せば壊れやすい素材と何でも包む安価な梱包資材に清貧と良しとするに日本人の美意識を重ねたと言う。

展示は大きく2つに分けられていた。

Dsc_0082

村上隆のアイコンでもある「目」をモチーフにした作品で装飾された入口と空山基のセクシーロボット。

前半は入口の空山基をはじめ篠山紀信、三木富雄、山口はるみ、荒木経惟、森村泰昌、奈良智美、大竹新朗、日比野克彦、川俣正などなど60年代後半から2000年までの知られた作家の作品が展示されている。

九州を代表する菊畑茂久馬の奴隷系図も・・・・・・・。

安価な素材を感じさせない深さのあるマチエール。

芸祭で村上隆自身が見出したタカノ綾や青島千穂の作品も並ぶ。

ポップアートに毒され、デザイナー時代に刺激を受けた懐かしい作家の作品に感涙。

Dsc_0045

トークショーで語られた80年代を代表する日比野克彦のグランドピアノ(熊本美術館蔵)

Dsc_0052

グルーヴィジョンズのチャッピー33

後半は1700点もの陶芸や骨董の展示。

Dsc_0069

古木、古布、錆びたトタンなどの廃材で構築された薄暗い空間に量感を持って展示。

奈良智美などの陶芸オブジェなどもあるが、大半は数千円で販売されている素朴でシンプルな皿や器。

古木で設えた棚や廃屋の様な空間に並ぶ皿や器、オブジェは前半の混沌としたバブル期を中心としたアートと何処か共通している様にも見える。

会場の最後に展示された「古道具坂田」の店舗を再現したインスタレーション。

使い古されたコーヒードリップのフイルターが壁に飾られる。

独自の価値観を持って選ばれたモノ。

富や権力で支えられたモノでは無く「清貧」を持って良しとする「美」が見える。

これが村上隆氏のコレクションの一部だと言う事にも驚き(ここに清貧は無いが)。

元ブルータス副編集長で美術ジャーナリストの鈴木芳雄氏と村上隆氏によるトークショーもあっと言う間の2時間だった。

熊本城にも足をのばして、刺激的な1日を満喫する。

 

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »