カテゴリー「ギャラリー」の記事

2018年1月 1日 (月)

今年も宜しくお願いいたします。

Dsc04399

|

2017年12月28日 (木)

無事?展示を終えました。

 木の葉モールのクリスマス演出に作品を3点ほど飾って頂いた。

はじめの打合せからハードルの高い話。

2分毎に2分間作品を可動させると言う。

開店時から閉店まで約11時間。

一日10時間続けて動かして4ヶ月間と言う展示は過去に経験しているのでデーターがある。

同じように1日7時間近く動かして3年と言うデーターもある。

このデーターは今も更新中。

今回問題にしたのは一日330回近くスイッチを入切させ、それが40日近く続く事。

今回の作品にはシンクロナスモーターを使用している。

モーターを使用した電化製品にしてもスイッチを入れる時の負荷が一番高い。

今回のハードルはデーターが無いので自信を持って話せる答えが無い。

「途中動かなくなる事もあるかも知れませんが、それでも良かったら・・・・・・・」

担当されたデレクターの方がいろいろと経験もありそれでも良いと言う事で、保険を掛けて飾って頂く事になった。

勿論、作品を楽しんで頂ければの思いが一番だったが、「自分の作品がこの高いハードルどんな答えを出すのか?」と言う事にも強い関心があった。

Dsc04144

結果、「サンタとモンスターフッシュ」と言う作品のサンタの腕を動かす針金の軸が破損したが、動きにはさほど違和感が無く、3点とも無事展示を終えた。

Dsc04356

帰って来た作品を点検すると、想定内だったが機素(動かす仕組み)の部分の消耗は激しく、摩耗した金属の粉などがベースに積もっていたりした。

中身をみる事が出来ないのでモーターもかなり消耗していると思われる。

Dsc04358

               調整したカムに朝の低い陽があたる

Dsc04389

「オウチャク鳥とバードマン」ピン歯車もクランクも木製 不具合が起こるなならこの作品と思っていたが故障も無く無事展示を終える

全て補修出来る範囲だったので、現在は自宅の展示場に変わらぬ形で展示してある。

よく頑張ったと拍手。

この貴重なデーターは次の作品に多いに役立つ事と確信している。

たまたま木の葉モールに訪れた友人知人から「作品を観た」とのコメントや手紙を頂いた。

名前も出ていないのに私の作品だと分かるのが恥ずかしくもあり嬉しくもある。

作品を沢山の方々に観て頂くのは作り手としては最高の喜び。

ただそれだけで良いが、面白がって頂ければそれに越したことはない。

たかがオートマタされどオートマタ。

今年もいろいろとお世話になりました。

更新の少ないこのブログに遊びに来て下さった方々に心より御礼申し上げます。

来年も宜しくお願い致します。

※雑記の「SAISEIの日々」も宜しくお願い致します。

羽川再生堂

| | トラックバック (0)

2017年12月11日 (月)

12月の再生堂・・・・・・・

 まだ暑かった頃の記憶を鮮明に覚えているのにもう12月です。

毎日更新される「この冬最低の気温」に身構えています。

そんな中、少し時間の掛かった鹿児島からの仕事も作品を収め終えました。

1年前に依頼されたオートマタの作品も今週中には納品の予定です。

それぞれにやりがいも有り勉強にもなった仕事です。

Dsc04300

Dsc03713

12月の再生堂は第3週と第4週の週末2回オープンします。

年末でお忙しいとは思いますが、糸島方面にお越しの折にはお寄り下さい。

お待ちしています。

≪12月の再生堂≫

日      時: 12月15日(金) 16日() 17日(

           12月22日(金) 23日() 24日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

|

2017年10月21日 (土)

10月の再生堂

 11年前に製作した動くジオラマも最終的調整を終えて、設営の日を待っています。

Dsc04151

糸島に移る前に製作した二階のコレクションに展示していた作品に声が掛かりました。

作品の貸出は過去にも何回かありましたが、ここ糸島に移って来てからは貸出は控えていました。

今回縁あって、オープン時にお手伝いさせて頂いた大型ショッピングモールのクリスマスの装飾に作品を使って頂く事になりました。

テーマがあるので点数は少ないですが、期間中の厳し可動条件に対応するべく作品を調整しています。

Photo_2

その一点、これは「オウチャク鳥とバードマン」と言う作品です。

鳥なのに自分では飛ばない横着な鳥「OUCYAKUDORI」と空を飛ぶ事を夢見ている「BIRDMAN」が主人公です。。

このシリーズは数点製作していますが、コレクションとして残っているのはこの一点だけです。

改めて観ると自分で製作したものですが、面白いです。

この作品が後々の「星を見つけて」や「天翔ける」などの作品に繋がって行くのですが、私が置いて来たモノもいろいろと教えてくれます。

新鮮な気持ちで作品に向かっています。

他にも今回の為に一部作り直した作品もあります。

展示は11月の中旬位になると思います。

来週末は≪10月の再生堂≫です。

展示場をオープンします。

お近くにお出での折はお寄り下さい。

≪10月の再生堂≫

日      時: 10月27日(金) 28日() 29日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

|

2017年9月20日 (水)

9月の再生堂・・・・・・

 先月から11年前に製作した作品の修復をしている。

11年と言うと一昔と言う感じだが我が家の展示場にはその倍を経過した作品が現役で可動している。

修復中の作品は可動しているモノもあったが(奇跡的)、殆んどがその動きを止めていた。

経年劣化もあるが、厳しい環境にさらされ考えられないダメージを受けていた。

現場から取り外し、我が家の作業場に持ち込んだ。

Dsc03923

記録を取りながら細かく点検する。

詳細は驚く事ばかり。

11年かけて分かった事。

今その課題に取り組んでいる。

先月は都合でお休みを頂きましたが≪9月の再生堂≫はオープンします。

≪9月の再生堂≫

日      時: 9月22日(金) 23日() 24日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202



|

2017年6月19日 (月)

6月の再生堂・・・・・・・

 6月17日(土)九州産業大学の美術館で始まった 「美の鼓動 クリエイター・アーカイブVOL.2」のオープニングに行って来た。

Photo

TNCテレビ西日本の番組「美の鼓動」に昨年4月から今年3月までに出演した29名の作家の作品が紹介されている。

絵画や彫刻は勿論の事、陶芸、博多織物、ファインアートと呼ばれる造形あり、帽子やアクセサリー言った作品も並び、さながらアートの異種格闘技と言った様相だがそれぞれに微妙なバランスを持ってそこに在る。

友人、知人の作品も並んでいる。

糸島エリアから踵屋敷のオーナー秋田多喜子さんの色鉛筆画、初島さつきさんのカリグラフィーの二人。

製作の現場を見ているだけに、何か心に湧き出るものが・・・・・・・・。

友人の建築家のS氏の向かいにアトリエを持つNicolas Depetrisさんはアトリエの前に広がる景色を題材にした絵画を展示。

画面には当然S氏の画廊や事務所を併設した自宅が・・・・・・・。

私が昔勤めていた会社の製作部門に所属していた事のある造形作家の角 孝政さん

オタク度に磨きをかけて大作を展示。

Photo_2

私は伊都の国をストーリーにしたイトザウルスと人気のドラゴン、綱渡りの3点を出展。

友人、知人の作品と一緒に並んでいる事が何故か嬉しい。

多分、これだけの作家さんの作品が一堂に並ぶのは滅多に無い機会。

作家の皆様方とお会い出来ればとパーティーにも顔を出したが、前日に入った仕事の打ち合わせ時間が迫り、乾杯も早々に後ろ髪を引かれる思いで美術館を後にした。

是非九州産業大学の美術館に足を運んでみて下さい。

また、ブログでご紹介頂いたYumicoさん、ありがとうございました。

今週末は≪6月の再生堂≫です。

6月23日(金)、24日()、25日(の3日間、午前11時から夕方5時まで展示場をオープンします。

お問い合わせは092-332-9202 羽川再生堂まで。

|

2017年6月13日 (火)

ご案内・・・・・・・

 日曜日の午前11時45分からTNCテレビ西日本で放映されている九州のクリエイターを紹介する番組美の鼓動・九州

2016年4月から2017年4月までの出演者から29名のクリエターを取り上げた「美の鼓動 クリエイター・アーカイブVol.2」が今週末17日(土)より7月30日(日)まで九州産業大学美術館で開催されます。

Photo_2

私もオートマタの作品を3点ほど出展させて頂いています。

Photo

先週、美術梱包の資格を持たれたプロの配送業者の方々によって3点の作品は手際よく梱包され美術館に配送されました。

今頃は週末のオープンに向かって準備が進めらている展示場に並べられている事と思います。

展示は1ヶ月半と長い展示になりますが、期間中は様々なワークショップなども企画されています。

九州で活動する29名のクリエイターの作品が一堂に会する私自身も楽しみにしている企画展です。

是非、九州産業大学美術館へ・・・・・・・・・・。

|

2017年5月22日 (月)

5月の再生堂・・・・・・・

 日田はアラスカンカフェでの展示会は無事終了しました。

Photo

初日と最終日の2日間だけしか会場に立てませんでしたが、日田の方々と作品を前に楽しい時間を過ごさせて頂きました。

お忙しい中、足をお運び頂いた皆様方には心よりお礼申し上げます。

ブログでご案内頂いたYumicoさん、貴重なお時間を使って日田までお越し下さりありがとうございました。

いろいろとお話も出来、華やかな最終日になりました。

会期中、カフェの堀内ご夫妻にはいろいろとご迷惑をお掛けしました。

パートナーの真由美さんにはチラシの製作から作品の搬出入、お客様へのご案内などお忙しい中ありがとうございました。

感謝の一言です。

県外で久し振りの作品展示でしたが、新鮮で刺激になった展示会でした。

改めてご来場頂いた皆様方に御礼申し上げます。

またいつの日か同じ会場でお会い出来る事を願っています。

Photo_2

今週末は≪5月の再生堂≫で展示場をオープンします。

新緑の季節、サツキの花もちらほら・・・・・橙やレモンの花は見ごろを過ぎていますが庭の木々は青々としています。

糸島方面にお出かけの際は是非お寄り下さい。

お待ちしています。


《5月の再生堂》

日      時: 5月26日(金) 27日() 28日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

|

2017年5月 7日 (日)

ハナに・・・・・・・

 日田の作品展で壁面に飾れる作品を制作。

発想は庭仕事の最中。

藤がある庭の草取り。

座って作業をしている私の頭の上で大きな羽音を発てているのはミツバチにクマンバチ。

その数10数匹。

花から花へと蜜を求めて飛び交っている。

刺す事は無いがこの羽音は結構プレッシャーになる。

そんな蜂がならぬに止ったら・・・・・・・・。

そんな事を思って作品にしてみた。

Photo_6

鼻に止った蜂を見つけてビックリ!!

仕掛けは古典的で下にぶら下がった紐を引くだけ。

蜂はアシナガバチをデフォルメ。

シャレで作ってみた。

|

2017年5月 4日 (木)

SAISEIDO IN HITA・・・・・・

 日田は豆田の観光スポットに位置するアラスカンカフェでの作品展が昨日5月3日から始まった。

美術館やギャラリーでの展示会は何回か経験があるがカフェでの展示会ははじめての事。

出品する作品、展示の方法・・・・・・いろいろと考えたが今回は展示スペースも限られているのでコンパクトにオートマタの初級編と言った感じの展示にした。

日田の方々にオートマタの事を少しでも知って貰えればと思っている。

Photo
  ダンボール箱4にデイスプレイ用のボックスや備品・・・・・コンパクトなボリューム

前日の閉店後に展示を終え、初日の3日は11時のオープンから店内に待機させて頂いた。

オーナーご夫妻の人柄もあってか初日からお知り合いの方々が来店下さり、楽しい時間を過ごさせて頂いた。

Photo_2

Photo_3

           入口右側の展示 小学校の机が作品にピッタリ

Photo_4

                    明るい店内の雰囲気

Photo_5

                      奥壁面の展示

アラスカンカフェは場所がらもあってか海外の観光客の方々も多く来店され、韓国では知られたお店との事。

通りを見ていると、お店にカメラを向けてシャッターを押される方々がひきりなし・・・・・。

いろいろな出会いがあれば嬉しい。

私は最終日5月16日(火)に11時から入店の予定。

また、どんな出会いがあるのか楽しみにしている。

|

より以前の記事一覧