カテゴリー「ギャラリー」の記事

2018年10月22日 (月)

10月の再生堂・・・・・・

 昔のブリキの玩具をヒントに兎をモチーフにした作品の試作を制作。
 
飛んだり跳ねたり、ウサギが縄跳びをしています。
 
友人との会話をヒントにタイトルは「ウサギ跳び」。
 
仕掛けは古典的ですが何か広がりそうな予感。
 
Dsc05119
 
今週末は「月の再生堂」です。
 
展示場をオープンします。
 
糸島の牡蠣小屋もオープンしました。
 
散歩がてら遊びにお寄り下さい。
 
お待ちしています。
 

≪10月の再生堂≫

日      時: 10月26日(金) 27日() 28日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 

|

2018年9月18日 (火)

9月の再生堂・・・・・・

 枯葉掃除が毎朝の日課になってます。
 
9月も半ばを過ぎようとしているのに、蚊の攻撃をうけています。
 
耳元であの嫌な羽音がします。
 
酷暑だったせいか夏の盛りにはほほんどと言って良いくらいに蚊には刺されませんでした。
 
今、帳尻を合わせる様に攻撃されています。
 
蚊取り線香を腰に着けての作業です。
 
ここ数年とは何か違った夏です。
 
 
Dsc05086
 
この作品は動画サイトに投稿した作品の中でアクセスの多い作品です。
 
いろいろなサイトにリンクされている事も要因の一つでしょう。
 
CG加工の動画を制作された方もおられます。
 
作品に興味を持って頂けるのは有り難い事です。
 
製作も含めいろいろと楽しんで頂けたらと思います。
 
 
Dsc05090
 
キャラクターもいろいろです。
 
Photo
 
変わり種もあります。
 
これはコイルではなくワイヤーに傾斜をかける事で回転しながら移動します。
 
 
今週は≪月の再生堂≫です。
 
週末展示場をオープンします。
 

≪9月の再生堂≫

日      時: 9月21日(金) 22日() 23日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 

|

2018年8月21日 (火)

8月の再生堂・・・・・・

 生死に関わる酷暑も少し和らいで、ここ2~3日は朝晩が過ごし易くなっています。
 
いろいろと記録ずくめの夏でした。
 
先週に引き続き今週も台風が週中から週末に掛けて九州近づくとの予報です。
 
今回は2つ続いて来ます。
 
大きな災害にならなければと願ってます。
 
 
Dsc05058
 
「花に止っていた蝶々が急に飛びだしたのでビーグル犬が驚く・・・・・」このストーリーはいろいろな仕掛けで作品にしました。
 
これは最初に手掛けたオートマタらしい作品です。
 
今回、歯車を組み合わせてリメイクしました。
 
蝶々もアルミの空缶を加工しました。
 
注文仕事の合間に過去の作品を見直してます。
 
今週末は「月の再生堂」です。
 
展示場をオープンします。
 

≪8月の再生堂≫

日      時: 8月24日(金) 25日() 26日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 

|

2018年8月10日 (金)

リメイク・・・・・・・

 7月は毎年棚卸の月。
 
リアルな数字と向き合う。
 
そして反省。
 
気になっていた作品を少し見直してみる。
 
材料も無駄に出来ない。
 
在庫していたロディオは激しい動きを支える為にベースを大きくした。
 
この大きさが見た目のバランスを悪くしている。
 
製作したばかりの歯車を使って動きをスムーズにした。
 
ベースも小さくした。
 
Dsc05049
 
Photo
 
安定感はある。
 
あとは加減で遊んで貰う。
 
 
サーファーの悪夢というタイトルの作品のストーリーを素にモンスターフィッシュという作品を制作した。
 
Dsc05037
 
Photo_2
 
在庫していたベースを使ってデザインを新しくした。
 
怪魚(モンスターフィィツシュ)は少し怖い感じに仕上げ、怪魚に追いかけられる潜水艦はイカをモチーフにデザイン。
 
プーリーを使った機素はシンプルだが動きは少し複雑。

 
 

|

2018年7月25日 (水)

7月の再生堂・・・・・・・

 記録的な暑さが続いています。
 
西日本豪雨で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。
 
普通に暮らせる事がどんなに有り難い事か痛感しています。
 
私たちは私たちに出来る事を」と毎日を大事に丁寧に過ごして行きたいと思っています。
 
Dsc04928
 
今週末は≪月の再生堂≫です。展示場をオープンします。
 
無理の無いところでお出で頂ければ幸いです。
 

≪7月の再生堂≫

日      時: 7月27日(金) 28日() 29日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 

|

2018年6月21日 (木)

6月の再生堂・・・・・・・

 仕事と仕事の合間に思いついたアイディアを試したりします。
 
思いつきなので気楽なスタンスです。
 
思わぬ収穫がある事もあります。
 
勿論失敗もあります。
 
失敗も収穫です。
 
後々化ける事もあります。
 
Dsc04870
 
クランク機能を応用したオートマタ?
 
ピエロの頭部は以前に試作したモノ。
 
身体は資料として集めていたフィギュア。
 
面白いバランスになりました。
 
目の前に在った素材です。
 
人形は前後左右に円を描きながら口を動かします。
 
まだ完成には至ってないです。
 
試作の試作です。
 
「何体かならべて動かせないかな?」と思案しています。
 
 
今週末は「月の再生堂」です。
 
梅雨の季節ですが、糸島方面にお越しの折は気楽にお寄り下さい。
 
お待ちしています。
 

≪6月の再生堂≫

日      時: 6月22日(金) 23日() 24日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 
 
 

|

2018年5月21日 (月)

5月の再生堂・・・・・・・

 飛行の記憶は鳥に憧れた青年(男)」が作品のストーリー。
 
10年ほど前に製作した「飛行の記憶」は部分的に樹脂を使ったり、キャラクターの衣装も連れ合いが手作りした布製の凝ったものでした。
 
製作した数も限られた。
 
再販の希望もあったのですが、樹脂の型が摩耗したり、モーターの入手が困難になったりと、いろいろと高いハードルがあって再販には至らなかった。
 
そんなモロモロのハードルをクリアした「飛行の記憶」が出来たらと思い立って製作しのが、「4月の再生堂」で紹介した作品。
 
パターンを変えて何作か製作していますが、思いとは別に結果的には手間暇掛かってしまったところもあります。
 
言い訳の無い作品に仕上げられたらと奮闘しています。
 
Dsc04836
 
今週は≪月の再生堂≫の週です。
 
週末金曜日から日曜日までの3日間展示場をオープンします。
 

≪5月の再生堂≫

日      時: 5月25日(金) 26日() 27日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 

|

2018年4月23日 (月)

4月の再生堂・・・・・・

 桜が終わると待ちかねた様に庭の花々が開花。

フジ、サツキ、ニシキギ、バラなどなど、昨年より多くの花をつけている。

製作も注文の仕事が一段落して、オリジナルの製作に取り掛かっている。

製作もはかどる最高の季節。

暑くなる前に少し形になればと思っている。

Dsc04795
 「飛行の記憶」の’18年度版」

今週末は月の再生堂。

展示場から見える新緑の庭を眺めながら楽しんで頂けたら幸いです。

≪4月の再生堂≫

日      時: 4月27日(金) 28日() 29日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

|

2018年3月20日 (火)

3月の再生堂・・・・・・

 再生堂の代表作でもある「天翔ける」の新作を篠栗の私設美術館 FURINANに春分の日を前に収めさせて頂いた。

古代中国では「龍は秋分の日に淵の中に潜り、春分の日に淵から出て天に昇る」との言い伝えがあり、春分の日「龍帰る」と云われていたそうです。

4年前に加布里の踵屋敷に収めてさせて頂いた「天翔ける」同様に龍が天に昇ると言う「春分の日」までに収められる様にピッチを上げて製作。

Dsc04628

背景になる重厚な梁を考えて雲の部分にボリュームを持たせてデザイン。

塗装も単調にならぬ様に何色かの色を重ねて表情を持たせた。

FURINANオリジナル仕様。

FURINANはオーナーご夫妻がコレクションされた国内外、郷土のユニークな作家さん達の作品が重厚だが心地よい空間に展示されている。

チョットした穴場。

オーナーご夫妻の話を聞きながら過ごす時間は贅沢です。

詳しくはFURINANのHPをご覧下さい。

今週末は月の再生堂です。

展示場をオープンします。

桜はまだ蕾ですが遊びにお出で下さい。

≪3月の再生堂≫

日      時: 3月23日(金) 24日() 25日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

|

2018年2月20日 (火)

2月の再生堂・・・・・・・

 注文でペガサスのオートマタを制作した。

オリジナルのペガサスは木地で仕上げた。

彫りこんだ刀の跡を残して表情をつけた。

注文されたお客様は白に塗られたサンプルを見て白色を希望。

Dsc04470

ペガサスは天に上り、ゼウスのもとで雷鳴と雷光を運ぶという名誉ある役割を与えられた」と言う神話から雷光をモチーフにした仕掛けを加えた。

Dsc04471

彩色は立体感を持たせる為微妙なトーンで表情をつけた。

「2月の再生堂」でご覧いただけます。

今週は月の第4週です。

週末に展示場をオープンします。

庭の梅が見ごろです。

メジロが蜜を吸いに集まって来ます。

春を感じにお出掛け下さい。

≪2月の再生堂≫

日      時: 2月23日(金) 24日() 25日(

           AM11:00~PM5:00

お問い合わせ: 羽川再生堂 092-332-9202

 

|

より以前の記事一覧